タグホイヤービル詐欺事件。そして石破茂。

石破茂が「自民党の信頼が失われる」という寄稿を「月刊日本」にしている。月刊日本 | 日本の自立と再生をめざす、肉声の言論誌 「月刊日本」は、元ラジオ関東常務南丘喜八郎氏主宰の月刊雑誌です。石破茂がこの雑誌に寄稿した。これは、大ニュースであると思った次第です。石破茂は第二次安倍内閣の幹事長。ちなみに第一次安倍内閣は幹事長が中川秀直。(女中川)。朝鮮総連競落資金のために起きたのが表参道タグホイヤービル詐欺事件。5億は立件され、9億は立件されなかった。こういうのが、ある意味週刊報道サイト事件と同じなんであります。 池口大僧正とのツーショットはたくさんあって、若き日の安倍晋三氏も鳩山元首相とのツーショットもある。坊さんも商売ですから、そういうのは通常のことです。池口恵観さんは、「三無事件」で逮捕された人です。鹿児島の在日で、小泉さんのいとこ。鮫島正純という名を改名した。三無事件は、自衛隊員を含む、川南造船社長以下の軍事クーデター計画です。こういう流れで、「三矢事件」とされる政治的イシューもあった。三矢計画というのを自衛隊幹部が行っていた。いまでいうと、実務の机上シュミレーションで自衛隊の実務は自衛戦闘ですから、戦争シュミレーションです。(いまはネットで3D動画でシュミレートがされていて、プロが参考にしているかもしれない。)これはプロが当然やるべき日常的研究であります。しかし当時は(50年以上前)、シビリアンコントロールなど、憲法的認識が政治にもなく、社会党と自民党で論議がされた。この三矢研究政治問題と…

続きを読む