前伊東市佃市長保釈。

後付け講釈になるが、佃弘巳が保釈された。起訴されたのは7月6日、保釈されたのは7月11日。三名が逮捕され、収賄が佃、贈賄が森、ほう助が稲葉。1300万の収賄額で、300万が森自身から、1000万が仲介料を装った1200万から、稲葉経由で佃にわたった。佃は伊東マンダリンホテル跡地利用計画は持っていなかったらしい。金を利得するために、岡本倶楽部ホテルを購入したわけですが、ホテル競売段階から絵図を描いていた雰囲気で、ヤクザが市長をやっているという風評は真実だったでしょう。 1 逮捕、起訴、保釈と流れ作業のよう。保釈が三名同時に出て、起訴されてすぐ。これは、きっちりと供述が得られていて、この贈収賄事件の裁判の結論は出ている。実刑になるかどうかだけでしょう。鈴木宗男が「ヤマリン」200万で懲役2年。佃前市長が1300万であれば懲役4年が妥当でしょう。それでも保釈がすんなり出ているなら、供述は、検察好みにされているだろうし、ほかのこともしゃべっていれば、執行猶予がつくかもしれない。 2 週刊報道サイト事件で初公判に時間がかかった。こういうことから、誰かが否認しているだろうと予測していたら、Sさんが、あっさり起訴事実を認諾。これは傍聴席からどよめきが出た。計算高いともいえる。その後、各被告人の分離公判で進行中。石坂被告は早々と公判があって、執行猶予を得ている。三名と一緒に最初の裁判をしないのは、検察の構図が二つの事件ということだからでしょう。ですから、香典袋事実は重要で事件事実の焦点はここと、次にほかに利得…

続きを読む