週刊Hサイト事件のホンチャン判決。

小さな事件だそうですが、傍聴人が来る裁判でありました。(満席)。そこにYジャーナリとニューヤクザは来ていなかった。昨日、Fさんの判決があったわけです。判決は執行猶予付きの判決。これは予想できた範囲ですが、香典袋を考えてみると実刑もあり得た。注目すべきは裁判官が判決理由を丁寧に読み上げたことです。その中で、弁護側の法律論議に対して丁寧に応答していた。中身については裁判されているわけで、被告人控訴なければ裁判所の判断が正しいとされるでしょう。こういうことが大事と思うのは、弁護人は事実という基本から、法律構成を考えていて、この弁護はいい弁護と思うからです。弁護人は、被告人の二つの罪名が不満だったでしょう。これが一つであれば、弁護人主張通り、被告人Fはほう助犯であり、主犯が執行猶予なら、Fも執行猶予ということになる。事件の組み立てに単なる異議以上を唱えているとおもう。これは、逆に言うと主犯Iはきちんと断罪されていないということをF弁護人は言っているわけです。 1 共犯事件が分離され、Iだけが単独でさばかれ、執行猶予で終わった。これは恐喝一罪だけで、Iが起訴され、500万を受け取ったということで、Iの事件は既遂だったわけです。 S,N,Fは共犯事件として、最初の公判は三名全員がそろった。こういう最初の全員集合が通常ですが、Iがいないということが不思議。Iには恐喝未遂はなかったのかです。Sは起訴事実を認諾した。以下被告人は分離公判。F被告人が得た金は20万円。(それが裁判での真実です。)N被告人が得た金は…

続きを読む