トランスデジタル→岡本倶楽部→佃市長

伊東市の事件をわたくしなりに書いていると、異論反論が後ろから投げつけられる。たとえば、中田次城県議会議員について書くと、あんたと関係あるのかという結構胸にこたえる質問が来る。確かにそうではあるけど、埼玉入間で露骨な違法開発を企図していたと知っていたわけでして、ゆうてみれば公益せいがある記事だということもできる。そういう埼玉入間の現場をなぜ知っていたかというと、調査を頼まれたからです。(お仕事ですから、この事例、守秘義務は発生しない。守秘義務は契約から発生して、契約金を払はない奴に秘密などない。)だが、ダイビングの話までしていいかというと、していいけど、まあ、そこまではやめとこうとなる。 大樹総研のことは相当前に聴いていて、結局、結論的には民主主義で解決すべきということです。 田中角栄マンセーが伊東の人の意思ならよそ者は関係ない。ただ、贈収賄とか、農業振興地区に太陽光パネルというのは法に反するわけです。 細野豪志の5000万もこのまま細野が再選されたらそれでいいことになる。刑事権力の抑制的行使といわゆる民衆の正義の相克であります。 1 トランスデジタル事件この事件の評価はショボコイとされている。それでも、野呂周介さんを表に出して、京都ファイナンスや、京都五山とか許永中金融とかの重要人物を表に出したのは、すごい成果と思った。だが世評はそうでなかった。TBSの刑事ドラマを期待しているのが大衆です。TBSのドラマは皆ウソですから。 2 そうすると岡本倶楽部。そして岡本倶楽部被害者の会。トランスデ…

続きを読む