外為法違反があれば、田中角栄は終わり。だが政治的に当選し続けた。

田中角栄の事件は外国為替法違反というある意味形式犯が最初。この事件で田中は有罪となった。それがさらに贈収賄事件となった。田中の死でその事件は訴訟的には終わった。総理の職務権限とかいろいろ訴訟的論点はあった。田中政治を擁護する立場があるのは当然。政治とはそのためにあるからです。そのためとは、利益誘導であり、社会改革(改造)です。ですから、モリカケウロン政局は基本的な民主主義政局ではない。詩ね朝日新聞以下は、政治的イシューは一切言わない。元よりないのであります。自民党総裁が気づかいしてくれればいい。そういう在来の政治システム通り動かないのが安倍政権であります。「日本会議」が、安倍君山口へ帰れという。衛藤晟一 VS 西尾幹二 VS 山二郎 戦後レジームの脱却!安倍政権の2017年と今後!山口さん「アジアの安定リベラルでは無理保守に期待している」【衛藤晟一×西尾幹二×山口二郎】【西尾幹二】平成30年・春の特別対談「世界は現在(いま)」[桜H30/4/28]日本会議と山口二郎が安倍批判。これは、在来の日本の右と左のある部分が安倍政権の敵ということ。敵の敵は味方です。すると安倍政権は在来の日本のどこかの敵で右往左往させている。こういうことになる。モリカケウロンは西尾幹二さんが作って、汁は山口二郎が作ったかもしれない。それは食い物ではないでしょう。毒物に近い。安倍さんの弱点狙って殺す気か。山口二郎「安倍に言いたい、お前は人間じゃない。たたっ斬ってやる!」選挙とはいえ、ここまで言うわけでして、山口さんはゲッペルス…

続きを読む