ネット裁判総括

週刊Hサイト恐喝及び恐喝未遂事件が終わった。ショボコイ事件であるが、ネット報道世界では大騒ぎでして、過去の事件まであぶり出て、こういう事件の波紋は続くでしょう。 1 第一事件、第二事件。500万円の恐喝既遂。実行犯 石坂幸久 共謀共同正犯 S,F,N被害者 弁護士田邊勝己これが第一事件3億5千万恐喝の未遂事件実行犯 石坂幸久及びF 共同正犯 S,N 2 判決石坂のみが分離で、S,F,Nに先立ち公判があり、猶予判決。(3年5年)S,F,Nについては、最初の認否で一同が同じ期日であつまり、(これが共犯事件の通常)そのうえで、主張が違うということで、各自の分離裁判。Sは起訴事実認めて執行猶予(3年5年)Fは起訴事実を認めて20万の受領は餅代の趣旨でみとめ、執行猶予(2年3年)Nは起訴事実を否認して執行猶予(3年4年)但し、事件記録によると、調べ段階では全面的に自供している。このNの供述があればこそほかの事件も立件できたでしょう。Nは、公判では否認したが、それは対外的なものであり執行猶予が付けば上出来といえる。 3 番外当事者Yジャーナリについて、10万円の金銭を500万のうちからSが渡したと陳述。N,Fの陳述を聴くともっと多額かもしれない。ただし真偽は不明である。10万円でも喝取金と知りつつ受領していたら共犯であろう。その動機もあるでしょう。ただ、そのことは社会的事実としてはわからない。このことに対して、「執行猶予をとるため虚偽を述べた」とYジャーナリは報道する。それはYジャーナリの意見である。そ…

続きを読む