積水海喜館事件第一期処理。

地面師という時代の寵児。こういうことがあるわけです。内田マイクさんは30年前と全く変わっていなくて、やっていることは洗練されてきていますが方向性は全く同じ。今回、積水海喜館事件が立件されるとネット報道がされている。さてこの積水海喜館事件は、二つの側面で見るべきと思う。これは、電通ワークス事件と同じで、電通ワークス側の意図的循環取引という側面と、リース詐欺という古典的詐欺の側面がある。高橋利久は地面師というジャンルの詐欺師ですが、詐欺師ですし電通に刺さると美味しいわけと思う業界人ですから、電通ワークス事件で逮捕起訴され無罪となる。事件の事実的部分の電通を強引に被害者にしているから、裁判所もそこまでは無視できなかった。そういう部分がないリース詐欺はやはり有罪になる。循環取引があったが、ないことにすると事実が違うので無罪。リース詐欺は伝統的犯罪だから、循環取引と関係ないから事実もあるし有罪。まったく無理のない判決です。そのかわり高橋利久は別件の詐欺で立件されたらしい。なんというか日本的解決です。裁判所利用はだれでもやっているわけであります。 地面師が悪い、悪い、悪いんだ~~~~~。そのとおりであります。同時に30年以上内田マイクさんと仲間たちは業界で大収益を上げ続けていた。親睦ゴルフ大会も開催していたくらい。https://www.dailyshincho.jp/article/2018/03130800/?all=1内田マイクさんグループの仕事は一種の請負、派遣業でありまして、発注する人がいるから成…

続きを読む