そしてメガソーラーはどうなった。

伊豆のメガソーラー許認可問題でありますが一時期盛り上がって今はどうなったか。要するに続報がないのであります。太陽光発電業者が山を切り開いた。すると雨で土砂が海に流れた。許認可という事の前に、事実として漁協が太陽光発電に反対運動をするのが事実の流れ。それは反対のための反対ではない。一方で行政は規制法に基づき許可を出した。結果はその規制法の予測通りゆかない。そういうトラブルが地方行政でありました。解決できない。すると、伊東の前市長が贈収賄で逮捕される。起訴もされる。それも岡本倶楽部ホテルの購入をめぐって。JCサービスが伊豆三島の議員細野豪志に5000万出した。細野は5000万返した。JCサービスは許認可取り消された。すると「MANEO」の瀧本憲治が社長を辞める。資金募集が止まれば、事業は継続できないと言われている。するとデフォルトになって大問題となる。ヤンキー野田とGACKTコイン問題が盛り上がると細野マネーに飛び火する。逆も言える。そういうのはどうなったか報道しない。報道なければ、ラオスのダム決壊もないことになる。ラオスのダム決壊は韓国とラオスの問題。ラオス政府も責任あるが国民がわからなければ泣いて終わり。日本に金を集りにくるは必定。そのときマスコミはどう報道するか。韓国はラオスの自然と国土を破壊した。文在寅は夏休み中らしい。https://matome.naver.jp/odai/2139499921481949701こういうのを原理という。極左・ヤクザの行動原理と同じ。 1 LCレンディングは…

続きを読む