知っていながら知らないそぶり。

東京の地上げでは多くの物件がいわゆるしこっています。真珠宮ビルもその一つで殺人事件あり誘拐監禁ありでまったく事件としても大失敗。この地上げも引受先がいる、つまり出口があるからはじめたわけで、そういうのがセオリーなんだと思う。出口があるから、強引に入り口を開ける。この場合、壁をハンマーでたたき壊したようなものですが、まったく元地主に気の毒ですが、世間は一切無視した。鴛淵千枝さんに椿康雄弁護士を紹介したのがいる。不動産登記の問題と思ったら、最初に会社の実印を不法に替えて、銀行預金の9億弱をおろしたという。マスコミなどから、「赤富士」の登記がどうのこうのと聴かれましたが、その前提であるはずの預金の強奪のことは言わない。知っていながら知らないそぶりであります。それでは、不動産登記のことも考えても意味ないに近い。すでに(株)真珠宮{これが真珠宮物件の所有権の過半を持っていた}は、代表者などの中身が変わって、他人のものになったかに見える。(株)真珠宮は、役員全員交代総会決議と役員が個人の印鑑証明を添付して、株主総会を開く体裁で、会社の役員がどんどん替わる。そのたびに、本店移転を繰り返し、会社名も「アホウドリ」「意地悪ばあさん」「巌窟王」とかいう風に変える。まったく犯罪を楽しんでいる。会社登記を変える、代表を変えるのは家賃を差し押さえたりするわけです。鴛淵千枝さんがどこで亡くなったかさえ分からない。生きているかもしれない。殺された野崎和興元書士も真珠宮ビルに付けていた抵当権登記の回復訴訟を始めていた。これは菱和…

続きを読む