積水ハウス海喜館のカミンカスはリトアニア。バルト三国。

小山・カミンカス・操がフィリピンに出国。カミンカスがリトアニア関係と仄聞する。すると、カミンカスはパスポートをもう一つか二つ持っている可能性が高い。フィリピンからアルゼンチンに出国したかもしれない。たとえばウクライナからとか、つぎにアルゼンチンにわたり、アルゼンチンからフィリピンにきて、フィリピナスに成りすまして、日本で働いていた。ジャパニーズドリームでしょうか。これは、パスポート・ランナーが陰にいて、ある意味逃亡をほう助している。餃子の王将大東さん暗殺事件とかにまで関連している人物がいるでしょう。D某も逃げたようです。小山操&D某と付き合いがあり、行動原理を共通するもの。内田マイクさんは下請けでしょう。ただ、なりすましとカミンカス君について共謀を立証できるかもしれない。カミンカス君はなりすましと面談するときに弁護士を同席させた。これは、水資源詐欺の大山多賀男が詐欺にならないと弁護士に言わせたのと同じ。こういう弁護士は一種のほう助です。多分非弁活動は常習。D某は京都山科からきたとか。 1 ヤクザの殺人事件は特別刑法と特別訴訟法が運用される。これは組の殺人は通常の個人犯罪と違うからです。カミンカス、D某の行動原理はヤクザの殺人と同じ側面がある。 実行犯が逃げたら立件できるか。まあ、他山の石にせよ、反省と総括は必要です。小山・カミンカス・操さんは、バルトやウクライナの怖さを知らない。 生きているのでしょうか。 2 IKUTAホールディング小林興起事務所にいたまえはせたがやにいたようです。平成2…

続きを読む