出稼ぎ経営者の金で騒ぐ方々。

カルロス・ゴーンが捕まりました。この逮捕容疑、その前提の実証法は金商法です。金の密輸で、ゴーンは消費税還付受けていたのか。後藤組みたいな奴だと思っていたら、「金融商品取引法」違反とわかった。これは帳簿の不実記載の疑い。すなわち「正規の簿記」の原則に違反している。でありますから、次に考えられるのが脱税です。さらに会社の金を不当にいじくったら、商法の特別背任もある。私文書偽造、同行使、公正証書原本不実記載、詐欺。こういう流れです。どういうことかというと、実質的犯罪を防ぐために形式が先にある。こういうことだと思う。古賀隆介は佐世保重工事件で懲役三年。事案は原本不実記載です。この人は、今は亡き人と聴きましたが、どこで死んだかわからない。殺されたということです。恨まれていたから。こういう原本不実記載で後藤忠政のように助かるやつと、三年懲役がいるのはなぜかというと、三年懲役の古賀はその背後に実質可罰的行為があるからであります。後藤忠政の場合は、そのあとに野崎元司法書士殺人、そして近藤毅殺人とでてくる。 そういうわけで今に至るまで事件は続くのであります。上記写真一部は、私のメールに送られてくる。どうやってアドレスを知ったのでしょう。 1 小さなことを輩がすると、その背後に殺しまである。さて、ゴーンが捕まると、フランスの大統領が安倍首相に会見を求めて、安倍さんG20の開会式に遅刻する。レバノン大使がゴーンは無罪と騒ぐ。こいつらゴーンから金もらっているのでしょうか。それは日産の金だから返しなさい、です。 ① …

続きを読む