レオパレス21の倒産になるか。

ミヤマ→MDI→レオパレス21。M社長は伝説の高円寺の不動産業者です。いま、供給した賃貸アパートで建築違反が問題になり、入居者が出されている。そのアパート入居者を出す経費はだれが負担するのでしょう。金はない、出す気がないとこから取れません。入居者は気の毒絵に描いたようです。ミヤマ社員から独立した業者は多くて、モリモトもその一人。上場してつぶれました。IPOして金を集めることが主眼でありまして、類似にはジョイントがある。こういう企業のレジェンドに光建設ヒカルさんがいました。坂上雅夫さんです。名古屋の仕事師でその一生を終えた。(電話をいただいた。重説を書いたものですと答えたら沈黙した。)ヒカルちゃん、なんだかんだ言いますが、結局はヤクザです。札幌で上場賃貸屋の事務所が爆発。これも象徴的。菱の代紋の上場賃貸屋もある。結局、こういう業態は経済社会に不適合ということでしょう。一つの時代が終わった。賃貸アパートの隔壁をケチったら火事の時は即丸焼け。M社長丸儲け。 1 東京の地上げは、地雷が埋まっている。代々木会館も権利の整理がおわったとか。だが、物件はまだ動かないとか。200億ぶち込んだ組織もあるという。450坪くらいですが、坪5000万ですか。人が死ぬだろうと昨年から言われていた。真珠宮ビル敷地も建築初めたそうです。TOC犯罪で転売できない。TSKの地上げも実は続いていて、あと20年は続けるでしょう。理由は再建築にはコストがかかるからです。帳簿で仕掛品という仕訳をすれば、不良資産の償却はしなくていい。Mビ…

続きを読む

誰もが、小さい穴から見ているという宿命。感応道交。

http://cosmos.iiblog.jp/article/464165227.htmlコメについて。 鳥瞰と虫瞰。地を這う蟻が、天駆ける鷹を理解できるか。蟻に鷹が見えるかどうかさえわからない。鷹が蟻を見るか。疑問であります。しかし蟻に見えることもある。それは鷹でも見えないと思う。觸氏と蛮氏が土地を争い死者数万という話もある。その土地はカタツムリの頭上の土地であります。争いは当事者に深刻であるのが普通。 東京地裁民事訴訟の原告と被告の間には多くの事情があると推察する。 1 通常、ある種の職業人は裁判所に来ない。リクルート株式について、何らかの確認訴訟を元山口組Oさんが起こしました。それは敗訴になった。Oさんが所謂現役であったなら、トラブルは自ら解決したと思う。あるいは解決しようとした。詐欺の被害者にはならない。このある意味無意味な訴訟はなぜ行われたか。そう考えてみると、敗訴判決が必要だった。こういう蟻の視点もある。詐欺師がいたとする。詐欺師は元ヤクザもだます。株券が真実と言い張る。そこで、元ヤクザが裁判所でダメ出ししていただき、詐欺師に、「偽物だったよ。」という。相続人が損害を回復するかも。このように裁判所に訴える相手がいたにしても、通常、こういう場合訴えますでしょうか。O元組長と類似状況があるかも。黒木正博を報道することが誰かにダメージです。その報道は9月初めになされましたが、報道の中身はあまり変わらないが、登記について二転三転した。これは、第三者の意見を聞いているのだと思う。報道者が…

続きを読む

からOK中毒蔓延。

カラオケはフィリピンではKTBというらしい。チャイナ系統では「卡拉OK」。各国で定番の曲は違えど、皆さん歌っています。KTBの意味は分かりませんが、フィリピンパブで小山操の生きる場所でして、彼はそこで金を稼ぎそこで時間を過ごす。KTBで客になる日本人をパロパロハポネスという。アロヨ・小泉会談で、フィリピンパブへの人材派遣はダメとなった。まあそれでも関内に某店あり。フィリピンパブ人材派遣業は小山の場合女衒ですし、人身売買で国際条約違反、TOC犯罪でもある。小山は関内に取引先があった。静岡も入国拠点で有名でした。小山操がカミンスカスになるにはカミンスカスが日本にいないと。まあ手引きするパスポートランナー、ガンランナー、ドラッグランナーがいておかしくない。小山操さんフィリピンで有名ですから。行けばわかりますよ。 ところで、カラオケ中毒さんらからコメが来て、対応に困っております。理由は裁判聞きに行くのは、風説的に嫌ですが、同時に裁判記録は残らない、予感というか筋読みはしていた。 1 微妙なコメ。加羅OK中毒2019/02/15 21:36 でも傍聴に来た人たちはMSさんの知り合いもいたんですよね。黒木が金を返せば良い訴訟でなんで被告が黒木じゃないんですか?加羅OKさんであります。人はそれぞれタコはイボイボであります。裁判は、優れて個人的動機で行われるときがあり、過払い請求のように、構造がわかりやすいとは限らない、これが私のポジションです。この話題の裁判は原告は出てこなくて、取り下げ書だけだした。裁判所…

続きを読む