積水ハウス海喜館事件と内田マイクさん

裁判所の事件で、たとえ書類でもお名前を知ると、懐かしく思うわけです。宋栽用(誤字かもしれない)、近藤繁雄弁護士 (生きていれば90歳過ぎ)( 1928年8月22日 1968年4月1日 39歳 依願退官 東京地家裁判事補)近藤先生は鹿児島家裁で判事をしていた。そこで裁判所を辞めていたと思っていたら(そういうデータがあった)ネット時代の資料に東京地方裁判所の家裁部門判事補で依願退職していた)いわゆる「辞め判弁護士」であります。新橋烏森ビルに事務所があり、供託金詐欺を続けていました。平成19年まで弁護士を看板に仕事していた。平成19年に退会命令で弁護士会から出されたので弁護士は公然と、できないでしょうが、非弁屋として活動は続けていたと思う。生きていればまだやっているでしょう。 内田マイクさんは昭和のころから土地をいじる詐欺をしていた。だんだんと頭角を現して、平成になると、佐々木利勝さんなどを使いまわす、上位の指揮官となりました。そのころは池袋責任者ということで、これはS会の位置つけです。「杉並遠藤ウメさん殺人事件」http://subaru39.tripod.com/home/sagi/kaor.htmlというある意味エポックメーキング事件で不動産登記法が変わり、予告登記屋の仕事が封じられ、いろいろと民法改正が続きました。その内田さんが関わったのが真珠宮ビル事件。この人が積水ハウス事件に出てくるという。そして佐々木利勝、三木勝博。小山操が脚光を浴びる係であると思うのは私の妄想でしょうか。 内田マイク…

続きを読む