また、登記の魔術師とその弟子たち。

"The Sorcerer`s Apprentice"(ファンタジア 'Fantasia' Theme song)USAの映画、ファンタジアの著作権が切れたようでありまして、1940年のカラー映画ですからUSAは大したもの。【インコが歌ってみた】DA PUMP / U.S.A. セキセイインコ・うめさて、日本ですが「登記の魔術師」の弟子か社員にAとIがいる。この御三方は不動産関連業界で話題になります。ともかく、裁判所の事件で圧倒的に出てくるのがIさんです。まあ、そういう民事事件は事件事実が作られていることが多いから裁判結果が暴力でひっくり返ることもある。つまり争いの解決にならない。裁判所に出てくるときに事実が作られていると裁判所の判断に納得いかないこともある。これは立証できないとか、構成要件該当判断間違いとかの以前の意図的過誤ですから、争いは原点の暴力で決着となる。いい悪いこえて当然のことです。今時に、東京地裁のエレベーターに同じグループが乗り満杯になる。それは同門が20人弱いたということですが、同門は国士舘同窓会でない。そういう風に、裁判所で20人に取り囲まれたら怖いですね。だから原告欠席したか。それはなぜかわからない。静岡地裁なんて誰もいないから20人弱で団体で来たら、県警機動隊に取り囲まれる。 1 不動産会社が乗っ取られ不動産が転売された。そういうことがありまして、裁判にはなっている。ただ、…

続きを読む