ナフサを買うにはどするか。

ナフサはガソリンの原料で、石油由来プラスチックの原料でもある。もちろん放火の材料として好適です。イランのタンカーがナフサ13万トンを積んで、済州島付近で事故りまして、結果的に沈没した。(サンチ号事故、2018年1月8日発生)いわゆるネット用語で「常識的に考えて」、タンカーは輸送船で、石油を積む輸送船。すると、積んで下ろすわけです。陸上で言うと、トラックですから。ナフサは中東産油国で作られているから、イラン船であればです、ナフサの積出港はイランだと思う。そうすると、事故ったイラン貨物船はどこでナフサを下す予定だったかとなる。イラン船の行き先が当時の南朝鮮であれば、事故らずに終わったと思う。な~んでか、タンカーは国際的監視下にありまして、ナフサ13万トンがテロに使われたら、大惨事。そこで、タンカーは自分の位置を常にどこかの国際監視チームに報告している。もしハイジャックされたらとかありえますから。アジアの某国にF16が常駐していて、それは英国人パイロットが操縦する。そして、タンカーが行方不明だと、その連絡が数十分途絶えると、直ちに出撃して、不審だと思えば、ミサイルで攻撃することになっている。国際救助隊です。サンダーバード発進シーン集 1号〜4号 (クラシック 実写版 ARE GO) Thunderbirds Launch Sequence (CLASSIC 2004 ARE GO)だが、原理主義的冒険主義者が北朝鮮にナフサを運ぼうとするかも。北朝鮮は磁気魚雷や核やミサイルを売っている。そういう取引はドバ…

続きを読む