Mさんこと、マサトシ君

出資金詐欺、オレオレ詐欺というのは、同じ営業インフラを使っている。アポ電話営業類似の営業電話を社員?に掛けさせ、オレオレ詐欺、出資金勧誘を続けている。電話営業に必要なのは電話であります。当たり前ですが、電話20回線を事務所に引くには、経費と手間がかかる。まず場所がいる。20回線を使うなら20人の机と椅子が必要。そして電話機。ビジネスホンをひくと金はかかる。工事代です。PCとかプリンターとか、金がかかる。そこで、出資金詐欺グループがある時期に摘発されるという経験則でビジネスとして行っている人がいるとする。つまり、出資金詐欺などは露見する前提でいくら金を奪い取り続けるかというビジネスモデルです。すると、最初は事務所を替えて、ネタを替えて、やっていた者が、ネタはセールス口上で口から出まかせだから、変えるのにコストはかからない。だが事務所を移転すると、契約金とか、電話設備とか、金がかかるということはすぐにわかります。すると、ここで分業体制ができて、アポ電話屋にそのビジネスの中身は聴かずに、事務所を貸す、設備を貸す業者が現れる。小山操も川崎東田町で駐車場経営をしていた。コインパーキングです。コインパーク設備を公示する、設備を貸し出す、そして権利金も出して配当を得るひとも特化した業種になるわけです。業界であります。南青山2丁目競売妨害の虞というプレハブの中には、コインパーキングの機械が保存されていた。まだ小野塚さんに脅される恐れないときに、不法侵入?して覗いてみました。 m( ̄ー ̄)m ゴメン 小野塚さん。…

続きを読む