ラポール株式会社破産事件の逮捕者とオックスホールディング、インスパイアー、そして郵政物件払い下げ詐欺

ラポール株式会社は破産しているが、民事再生申立人は伊藤恒一郎先生。有名な先生です。不発行株券についての差し押さえ事件で最近有名。ラポール株式会社について、黒木正博が実質経営者とは知らなかった。だが、Jホールディングスなどへの資金流出でわかった方が、国税に報告したのでしょう。国税のかっぱらいは厳しく処理される。 当ブログにコメントしてくださった内容の通り、ラポール株式会社融資金詐欺事件の逮捕者は5名。モバイルプラス㈱@サイバーアプリ関係かと。 郵政物件払い下げ詐欺とも関係はないのか????この事件は暴力団とつるむ、非弁事務所や税理士関係にまで波及するでしょう。と、思うわけです。

続きを読む

ラポール株式会社は「箱会社」。

ラポールは黒木正博が実質オーナーであるとされる。オーナーであるなら会社は大事にするが、黒木さんは会社の名義で金を借り、その借りた金を自分の会社に送金させていた。その会社がJパートナーズ合同会社であれば黒木正博に銀行融資金の一部が還流されていた。こういうことです。手口はトランスデジタル(通称・三島ソフト)の新株引受権で金を集めたのと同じ。「車庫飛ばし、溶かし車」が黒木さんのビジネス原点ですから、銀行、車ローン屋、証券市場を利用して金を引くということで共通している。リキッド社とかトランスデジタル社の仕事では大物政治家も利用し、小池百合子、石破茂万歳三唱していた。頑張れ自衛隊@トランスデジタルですが、石破らのトランスデジタル万歳はネットで削除されている。さすがだ石破先生。翌日30億円余が黒木・三木経由で岡本倶楽部に行きました。取り残された、永本壹圭は手形振り込みました。手形不渡りでトランスデジタル倒産。野呂周助は弁護士うなりました。金は回収した。弁護士は東京地検経済班に四日続けて呼ばれた。ゴルフ場らしい。 こういう黒木正博氏が真珠宮ビル仲介で5億円の未払いを受けたとゆうとるとか。これは後藤忠政にも聞かないと事情が分からないですが、後藤さんどこにいるのでしょう。 1 黒木正博はラポールという箱企業で20億銀行をだました。さて、こういう黒木さんですが、金は思ったほどない。?Jパートナーズというと「インスパイアー」であります。ここにも金が流れたのでしょうか。黒木さんはヤナセという企業も利用して銀行から金を…

続きを読む

素敵な河童人間とクロちゃんの同じとこ、違うとこ。

三崎正敏、「暴力団ないし反社会勢力」認定! _ ブラック告発新聞.pdfどこかの誰かが、クローンサイトを作ったらしい。本家本元は終わらせている。http://hodotokushu.net/kaiin/kiji20150512b.html ところで不倒翁クロちゃんでありますが、ラポールで逮捕された。いい関係が崩れたのでしょうか。 ラポールラポール (rapport) とは臨床心理学の用語で、セラピストとクライエントとの間の心的状態を表す。もとは、オーストリアの精神科医フランツ・アントン・メスメルが 「動物磁気」に感応したクライエントとの間に生じた関係を表現するために用いた語である。その後、セラピストとクライエントの間に、相互を信頼し合い、安心して自由に振る舞ったり感情の交流を行える関係が成立している状態を表す語として用いられるようになった。カウンセリングや心理療法をどのような立場から行う場合であっても、ラポールは共通した基本的な前提条件として重視されている。ちなみに、ラポールと類義した用語に治療同盟がある。両者ともにそれが構築される場合は、患者と医師が治療に対しての前向きな感情を抱いている場合に言われやすい。文脈によってこれらの言葉は悪い関係や、単なる患者と医者の結びつきのみを指す時もある。 Mさんが取りざたされている。MKさんと関係づけられています。 1 ラポールは箱企業で、金を吸うために作られたともいえるけど、  実はトラックレコードの既存の会社を買い取った(詐取した)だけかも。ラポ…

続きを読む