噂の小野塚清さん。

小野塚清さんは先生でありまして「登記の魔術師」と呼ばれていますが、私は自作自演、自画自賛、宣伝材料と思います。地方では競売妨害が簡単にできるという認識がまだありまして、刑事警察もそういう事実の違法性がわかっていない。ですから、競売妨害役者としてお呼びがあると、小野塚さんはともかくただ酒は飲めるし、函館当たりだったら、寿司はうまいし、先生扱いされるし、小野塚さんの営業になる。昔のキャバレー芸人と同じ。こういう小野塚さん的商いは、吉本カラテカ入江と同じなんです。闇営業なんて問題ではない。カラテカ入江は職業的オレオレ詐欺集団の一員と同じということで、誰かが、情報流してさらされたわけです。まあいろいろ調達したわけで、調達係で便利だったでしょう。小野塚さんが登記の魔術師ということで、小野塚さんを商材にする人もいる。個々の行為が刑法で可罰的なわけですが、なんせ登記所で登記を通すので、刑事警察は登記所がOKしたと誤解する。これは地方の不動産屋が小野塚清を先生と思うのと同じです。実態は、臭いオヤジです。酔っ払い運転常習。 1 小野塚さん監視機構が行方不明とアラート。まあ、最近は見ないですが、偽の権利書発見情報は各地の書士会がファックスで流します。小野塚さん監視機構は自然にできている。こういうことは〇永Yが市ヶ尾で出没とか、通常の書士事務所では掴んでいます。 2 小野塚さん行方不明は、病気で倒れて南町田病院で寝ているとか、あるいは刑事警察に捕まったとか、どこかで寝ていたりおよいでいるか。 そういうのはわからんで…

続きを読む