なんぢらの中、罪なき者まづ石を擲て。

有力ブロガーから、妄想・基地外といわれております。ほとんど当たっておりまして、言い返すこともできない。実は内省的で、「反省と総括」を続けています。思えば、反体制運動があった時代でありました。大蔵官僚中島義男氏は東大全共闘の副委員長。日比谷高校卒東大法学部で英語はできるし、極めて優秀でした。履歴は某弁護士と同じ。こっちは弁護士会会費未納で池袋のNPOで過払い請求で生きていた。適材適所です。白川勝彦氏新潟の人。国家公安委員長でしたが、東大全共闘の広報委員。当時は日本共産党細胞だった。ほかにも多士済々でしたが、皆さん極めて優秀でした。そういう方々で、いわゆるネットウヨ的にですが、なんだかんだ国家に貢献した人は多い。結局、弁護士なら、政治に堪能とか、最高裁判例三回変えるとか、起案がすぐれていなければ、つまり役に立たねば、法律を武器とする野犬です。狂犬でもある。 世の中に役に立てば、左巻きでも右巻きでも構わない。それが、妄想や基地外かもしれない下々の想いです。 要するに、下々は鼓腹撃壌ができればよし。中島義男や白川勝彦は下々を食いノーパンしゃぶしゃぶで自らは鼓腹撃壌した。残念至極です。 1 「NHKから国民を守る会」の立花先生。この立花先生に、「どうやってNHKをぶっ壊すのという」方がおられた。Yさんです。NHKから国民を守る党・立花代表が激白!税金より外交よりNHK問題!?スクランブル放送の実現について語る|Abema的ニュースショー7/28放送 毎週日曜正午放送中【アベマTV】立花氏にNHKは請求…

続きを読む