昔の名前で出ていません。その1.

潮田大輔→塩田大介→川崎大資。塩田氏に取材した経験から言いまして、塩田大介氏が名前を使い分けているとは思いませんでした。塩田氏は「ABCホーム」をセントレックス市場で上場寸前にまでした人です。青山メインランド西原氏の運転手を務めたと申されていた。これは業界的には出世コースであります。あるジャーナリストが、柳川組組長運転手という経歴を誇るには理由がある。その虚実は別にしてです。いまさら調べようもない。 菱和ライフエステート西岡社長が真珠宮ビルで所有権登記名義を得た。このことが風評となり塩田氏は「ABCホーム」セントレックス市場上場がダメになったと申されていた。真珠宮ビルの原本不実記載刑事裁判で、西岡氏は無罪になりましたが、この事件と同時期にスワット事件があり、ヤクザの共謀共同正犯はある状況下では原則的に認められるということになった。同じ事実をヤクザ側から見るのと、その共生者側から見るのでは少し違うわけです。スワット事件は銃器を組員が持っていた。その持っていたことに親分の指示はない。その指示していない親分自身に銃砲不法所持の責任を直接問うのがスワット判例です。警視庁は1年半近くに及び、当時の山健組K組長の上京した時の行動を観察していた。組長の護衛は通常5名。メンバーの入れ替えはあったがある特定のメンバーたちが当番制をとっていたらしい。そのなかに秋田の山健組傘下団体組長もいた。拳銃不法所持は取り締まりの対象でして、拳銃に弾丸が入っていると刑が重くなる。具体的危険が増すからです。ヤクザが拳銃を持って弾丸…

続きを読む