地上げは悪か? その1.

ヒルズの地上げは、事実上第一次東京オリンピック以前から行われていた。都市計画というのがありまして、戦前から基本的な計画はあった。これはあったし、それは戦後も続いているのであります。例えば大江戸線でありますが、乗ってみてわかることは、軌道に起伏がない。これは深い深度を平たんに掘っているわけで、技術的にすごいし、逆に言うと、大江戸線の上にはいかなるトンネルがあるかと思うわけです。東京都に行けばわかるんですが、あーじゃないこうじゃないというて、都市計画は見せません。新宿駅を改造する時期が来ている。東京駅に比べて、なんとか改造を続けているだけ。東京駅も改築していない日は一度もない。ただ、そのJRの力の入れ方は新宿駅と比べたら雲泥の差です。品川と田町の間に駅ができるなら、新宿駅と代々木駅が一体化して不思議ないのであります。麻布絶口釜無村木蓮寺。これが願人坊主西念の亡骸を担いで、金兵衛が長屋から一応葬式を上げるため、(実際は焼場の鑑札もらうため。)いったん運び入れたのが、麻布絶口釜無村木蓮寺であります。今でいうと南青山三丁目あたり。むかしは墓地でありました。古今亭志ん生(五代目) - 黄金餅落語は教養でもありまして、北典社ビルの寿あたりはその昔、早桶屋の立ち並ぶところ。推古天皇以来の一寸八分の聖観音像に逆らって地上げをしたら、成功はしない。五代目春風亭柳朝・つき馬頑張っているようですが、死ぬでしょう。 1 地上げそのものは、必要な仕事。大体が、うまい話で長年住む人や耕作地を買う仕事で、それも人の金でやるのが…

続きを読む