ゴーン弁護団辞任を検討。でも一人は連絡係で残すべき。

ある人から、ゴーンはフランスの旅券もって保釈逃亡したと聴き、それは違うと意見を言った。それは間違いでした。旅券を二つ持っていた。さすが独裁国第6共和政。これが何でも決められる。ゴーン弁護団の代表は弘中淳一郎でしょう。ゴーンは最初は元特捜部長O氏を弁護人にしていた。無罪請負人の弘中先生は有名で鈴木宗男の弁護もした。 使用前 使用後 ゴーンに旅券の入った鍵付き箱を渡した。鍵は渡していない。こういうわけですが、場合によっては逃亡の共犯かも。辞任してすむんでしょうか。とまれ、ゴーンはレバノンにいるから、ともかく日本の裁判所が送達するときにメンドイ。そういうことですから、弘中弁護団の一人でも送達受領して、送達の効力を維持するのが、弁護士としての社会的使命です。それにかかる経費とか、手間は大したことない。送達のコピーをスキャンしてメールで送ってあげればいいだけ。 1 ゴーン逃亡で利益を得るのは。それはゴーンが日本で裁かれると困る勢力です。特別背任もあるから、検察冒頭陳述で、これそれの金が、中東某国ミスターXに渡ったと陳述されたら、映画オクトパシーの世界です。レバノンは暗殺に最適環境。誰がやったかわかんない。 1 ゴーンがレバノンにつくと、イラン関東軍甘粕大尉が、USAドローンでアサシンされる。 イランには二つの軍隊がある。一つは国軍であり、一つはイラン革命防衛隊。革命防衛隊は日本陸軍宇都宮師団のようなもので、国家より理念を優先させる。原理主義です。宇都宮師団を関東軍といったわけです。革命防…

続きを読む