積水ハウス事件の準備期間。

メンテルス六本木というとサリアジャパン。サリアジャパンは平成23年に解散。そして同年グローバルホールディングスという会社を作った。この会社の商号を3月に「海喜館」と変えて、すぐに元の商号に戻した。海喜グローバル三木[6127].PDF西五反田海喜館事件は平成29年4月に起きている。メンテルス六本木の地上げ状況表があるのですが、グランディというのは恵比寿に会った後藤組フロント企業です。菱和社も協働して地上げしている。 西五反田「海喜館」事件は不動産詐欺事件では記録的金額が動いた。サリアジャパンの三木社長もこの「海喜館」事件で逮捕されている。詐取した金の受け皿を作っていたようです。商号変更はそのためであろうと思われる。この事件で主犯格とされる内田マイク氏は服役先の刑務所内から、配下に指示を出していたという。内田マシーンは正確に動いていたようです。 ところで、今年に入り、永田浩資以下マイクさん含む5名が逮捕された。有名な幡ヶ谷事件であります。(渋谷区西原)この事件は移転登記までしてしまったようです。(事件発生2016年)不動産会社が買ったようで残金含めて払ったとか。永田は池袋の免許業者で古い業者と聴いていたが、会社を買ったようです。長年にわたりマイク氏と仕事をしていた。永光建設名義で動いていて、手配師のようです。 このように不動産詐欺師は用意周到で刑事事件まで視野にいれ動いている。 このマイク氏が自らの名前で登記までいれた。シャツ屋の野口氏も一緒だとか。これは前代未聞なのです。ゴリラホントかいな…

続きを読む