岡山池田会の通知書について。

ネット(YouTube)で岡山池田会がご通知を御賢台様に出したとゆうとりました。そのことの不自然さを論じておられて、納得できるわけですが、現実にご通知は存在する。それがほんとのものであるという前提で考えてみる、それはプロ思考に反するのですが弁証法的に考えてみます。事実として岡山池田会に、銃撃したやくざ屋さんがいた。宅見勝氏銃撃事件のYさんが池田会に迎えられた。こういう事実はある。同時に神戸山口組という団体から、山健組一部、入江組、池田会などが離脱するという噂がある。ここで、宅見勝氏銃撃事件の動機に個人的なものがあるとするとです、親和銀行事件で中野会吉野氏が酒梅組を詰めた。その結果がエフ・アールの土地が、横須賀一家の支配下に入った。ここが不自然と考えるなら、中野会が宅見氏を襲撃する動機に個人的なものがあるかもしれない。日本不動産地所社長が梅田駅前で銃殺されたり中野会会長が襲われたりわからんことは多いわけですが、やはりやくざ屋さんでも個人的感情は出るかもです。名古屋山口組でも橋本極心連合会長がやくざをやめた。この共通点は京都です。崇仁地上げとか東山観光管財事件とか。山健組K総長の保釈問題とかもあった。こういう事実の流れで、岡山池田会が円満離脱はあり得る。異常なことに異常な原因がある。弁証法的に言うと概念が対ならそのアンチテーゼも一緒に消える。神戸がなくなると名古屋もない。昔はみな一本だった。 https://www.youtube.com/watch?v=fUeAW0Y4aS8

続きを読む