岩間開発という懐かしい名前。 再掲

岩間開発とは北祥産業が手掛けたゴルフ場開発会社。北祥産業・北東開発の二戸一企業。北祥が平河町、北東が赤坂に登記があり石井横須賀一家会長関連会社。東京佐川急便事件、東急電鉄株式買い占め事件の主役であった。代表者・庄司宋信氏は銀座に「花グループ」という倶楽部を経営。銀座7丁目の「リービル」8丁目「和恒ビル」に店を持ち、昭和バブルの花の舞台を提供した。イトマンファイナンスが石井久会長に資金提供をした。住友銀行は結果的に主役である横須賀一家総長に融資をしていたことになる。これは過去の話である。横須賀一家石井が銀座で東京佐川渡邊広康と知り合う。クラブ経営者が横須賀のフロントになるのは当然。東京佐川渡邊は北祥という看板を得て、また北祥は佐川の信用力で金を引くことができた。不動産事業はブームに乗り大成功。①イトマン事件。②東京佐川から竹下に巨額献金。トラック二台分。(一台は半分くらい?)③許永中、帝国ホテルに事務所を持つ。④、、、、、、、ここで、石井久は夜の商工会議所会頭と言われた。銀座のクラブ、銀行、ヤクザ&仕事師、「会社喰い」「銀行喰い」これが経済事件の原点である。こういう事件の陰に大蔵省あり。(ノーパンしゃぶしゃぶ)。さて、スルガ銀行事件であるが、          噂ですが、噂ですが、噂ですが、OがKの絵図でスルガ銀行決算を作る。三年後くらいに返済できる高収益案件があれば金は出す。ところで、✖✖案件は儲かるから、〇億円借りたらどうか。そのうち2億は使って、?億円は紹介者グループがとる。三年後は〇億円返せ…

続きを読む

債権者 小野塚清 vs 債務者 週刊報道サイト  続報

http://hodotokushu.net/kaiin/kiji20201005d.html(週刊報道サイト 10月5日号より)そこで小野塚清氏の陳述として 第2 株式会社ルシフェールプロゼクトと私(小野塚清)が無関係であることについて 私(小野塚清)は、サンフォレストリアルティ株式会社(暴力団六代目山口組弘道会傘下福島連合の関係会社)の社長(尾中伸弘)から同社の資金繰りが厳しく、事業に必要な費用が足りないため、立替払いをしてもらえないか、との相談を受けて、暴力団関係会社の所有する土地の持分に仮登記担保を設定してもらって、200万円程度を立て替えてあげたということがありました。 上記小野塚氏の陳述はルシフェールプロジェクトと債権者小野塚氏が無関係であるといいたい。そのためには、福島連合(弘道会の下部団体)の尾中伸弘氏との関係性を認めています。ルシフェールプロゼクトは南青山2丁目駐車場(落札人小野塚弘子)にあるプレハブの登記名義人です。しかし建物の登記は後からなされている。つまり執行官の指摘の後です。この物件は二度執行され、執行官意見は同一内容で二つあります。(少し違うがプレハブ登記以前以後です。中身は同一執行妨害の虞あり、、、執行官が指摘されているのは初めてではないか。) 「執行官は執行妨害の意図あり」とまで申されている。まず、このプレハブを建てた大工は誰か、建てさせたのは誰か。それは執行官が問い合わせても答えがない。答えたら、執行妨害の実行行為者であるから。それはCKなんたらと札幌の…

続きを読む

小野塚清氏vs週刊報道サイト仮処分事件。

仮処分事件は公開されるはずがないのでありますが、現実は事実として報道されている。http://hodotokushu.net/kaiin/kiji20200928c.htmlすでに8回にまで連続報道されていて、小野塚氏の仮処分申し立てから報告書まで公開されていて貴重な資料であります。(週刊報道サイト記事から引用。) 申立債権者(小野塚清)は自らの仮登記を入れた不動産の登記を特定されていないので想像するしかないのですが、一棟の建物の表示の変化をみると増築部分があるようです。そこの表示登記にかかわる競売妨害事件でしょうか。しかし、本質的なこの建物の問題点というのは工事人に建物建設代金を支払っていないということにあるのではないかと思うわけです。こういう建物は工事人つぶしのこともあれば、底地金融ローンをつぶす場合もある。短期賃貸借制度の悪用を制度的変更で防ぐようにこの手口を防ぐのは当事者の問題もあるのでむつかしい。上記小野塚氏の裁判所への陳述を読むと、①小野塚氏は塩田大介氏へ4000万貸し付けた。②小野塚氏は物件の所有権登記名義は他人(オービーインターナショナル)でもそれは塩田大介氏が真実の所有者と認識して4000万を貸し付けたのでこの所有権登記名義の実質は塩田大介であるという認識があり、仮装表示の点について「悪意」であり、それなら競売妨害は小野塚氏にあること間違いないのではと思います。競売妨害捜査時にこの陳述を行っていたら、小野塚さんは競売妨害で断罪されていたかもしれません。 このように小野塚氏…

続きを読む