2020年05月20日記事再掲載 一部追加

2020年05月20日MISAO KAMINNSUKASU@MISAO KOYAMA@TAKESHI KOYAMA小山操氏が羽田からフィリピンに行こうとした。それは2018年10月13日とされている。小山操はカミンスカス操のパスポートを持っていたと思う。「追加 パスポートは小山操かも」そして、捜査する側はそれを知らなかったか軽視していた。所在を移動し飛行場に行けばそれを追うでしょう。逮捕状はあるにせよないにせよ。小山操が小山操であっても、カミンスカス操で搭乗手続きされていれば、逮捕しにくかったのかはわからない。ともかく、小山操はフィリピンに入国した。この後すぐに小山氏は国際手配されアンヘルスあたりから、マニラの日本大使館に行く途中で、PNPかフィリピンイミグレに拘束された。そして、表記の写真を撮られて、それが流出したわけです。(ここあたりはフィリピンです)しかしフィリピンのイミグレは騙せない。舐めたらあかんぜよ。by TAKASHI TAKIZAWA 「in 安東ビル at akasaka」  (TAKESHIって誰。パスポート複数所有かな。)(ナリスマシ、マシマシ、つゆだく、だ。) 小山操の写真は、BIつまりイミグレーション ビューローの逃亡者捜査ユニットが拘束したというものです。国籍、生年月日、性別で特定され、私文書偽造と書類の偽造とか、電磁的証明の偽造とかいう容疑で拘束したと書いてある。そして、古い順でTAKESHI小山、操小山、カミンスカス小山と名前が挙げられている。今パスポートに…

続きを読む