イトマン事件は終わらない。

e38add45.jpg
南青山三丁目地上げ現場が話題になっている。
この話題が代々木駅前地上げ(通称代々木会館)にまで飛び火している。
ネット報道添付資料によると、PAG債権回収(河合)が金田真紀に債権譲渡して、
その債権の債務名義で賃料を差し押さえたという。
http://brog.keiten.net/?eid=1097699
債権差し押さえ.pdf

差し押さえられたのが「アイ・キャピタル・エステート」
(セガ)【アイ・キャピタル・エステート】.PDF
この債権差押資料にあるものが、当事者目録、ないものが請求債権目録など。
ネット記事をよく読むと、賃料債権を差し押さえたようです。
問い合わせてくるほうはわからないとすると、
なぜこういうことをするのかというと、
高山ビル(セガエンタープライズビル)の地上げ当事者を交代させるためには、
その兵糧である、抵当権&債権者への支払いをストップさせる必要があるからです。
そこで、その中身を考えるために、登記を見る。
(セガ)【土地】.PDF
セガ建物.pdf
上記登記で抵当権者が「アトリウム」とわかります。
ただ、ネット報道資料は建物登記だけ。
土地登記を見ると、「アトリウム」は保証委託取引。住宅ローンの保証会社のようなもの。
土地登記を見てゆくと、
この高山商事ビル(セガエンタープライズビル)の地上げは住友銀行が金主とわかるはず。
利発な住友銀行が、そこそこのみずほ銀行に不良債権を移管する姿がそこにある。
この高山(セガ)ビル地上げで三郷市の差し押さえが入っている。
このビルの地上げは「日建」が仕上げたと誇らしげに社長が言っていたので、
三郷の「日建」臭がする物件を想起するとありました。
大都商事物件。
事件三郷市半田大都→西岡.pdf
三郷市の差押時期が近似している。
大都商事は日建、ナスカと縁ある会社です。物件は菱和ライフ西岡にとられた。
大都商事株式会社法人登記簿.pdf
この物件を賃借している賃借人がアイ・キャピタルに払っている家賃をREALM金田真紀が差押さえて、
兵糧攻めをしている。
差押さえさせたのはPAG債権回収河合、そうするとPAGはアイ・キャピタルに債務名義がある。
それはなにか。
ネット報道資料によれば、ケヤキ合同がアイ・キャピタル有する債権回収をPAGが行っている。
その元の債権は関西アーバン銀行の一般債権6億円である。
こういうことのようです。
すると、銀6ビルにみられるように、
関西アーバン銀行、富士薬品、日建渥美、浅井健二の関係性がよみがえってきます。
賃借人の家賃を差し押さえる手法は真珠宮ビルでおこなわれていたもの。
ネット報道では河合、野口=金田、今井洋の地上げ南青山三丁目というとりあげられかたです。
それは間違いではない。
書かれていないこと、アーバン房園、榊原、ヴェルディ木本、大成 田中、グッドウイル折口、女中川議員先代
、サーベランス、、、、村上ファンド、レノ、ライオンゲイン、アルデプロ、
そういう部分が書かれていない。
詐欺と殺人は違うのであります。しかし同一人物グループの仕事というくくりもある。
組織犯罪です。共謀罪成立が怖いグループに地上げ屋がいる。
まず、女金田の債権差押は関西アーバン銀行由来の債権が元ですから、債権回収業として、
法的実体形成をして、信託的に債権回収を行うことはある。
それがサービサー法に触れるかどうかは別論。
だが、原本不実記載罪における有形悪意のような、隠れた真意で悪意、害意のような意思の通謀があれば、
可罰的であり、刑法という前提があれば刑事的に処理できる。
この一味の真意が北朝鮮送金資金獲得という意図が共謀されていれば、
国連北朝鮮制裁決議違反は明らか。それは条約でありまして、共謀罪という主観的構成要件充足規定があれば、この一味は連邦政府のTOC制裁の対象にもなる。
もともと、PAGが身銭を切って南青山三丁目に投資しているのでしょうか。
ファンド資金は他人の金。どこの金を回しているか中の人しかわからない。
河合はジョイントの執行役員、ナスカジャパンと取引関係あって当然。


アルデプロ、シティインデックス、村上ファンド、京都の金主等、
たくさん当事者がいまして、
野口真紀(女金田)と河合の関係が、男女か親子か兄弟姉妹かわかりません。
ここで、行動原理すなわち行動パターンを考えてみる必要がある。
南青山三丁目資金が回転して北朝鮮送金に使われるとまずいですね。
だが北に送金するのは誰で、将軍の金さえ救うのは誰か考えないと
ナスカキュウリか回し蹴り、なかよきことは美しきかなになる。

この記事へのコメント