とかく抗争の原因はなにか。

神戸山口組から分裂ということで、「任侠山口組」が誕生。
これで、山口組の代紋を使う組織が三組織となった。
山口組の場合、一が二になり、その状態が続くということが大きな変化であります。
一が二になれば、一はないから三が出て当然。単数という独占が崩れた。
複数になり、複数が続くか、単数に戻るか。
二から三がでたが、その要素を見ると、
二を中心に単数の独占を再び目指す雰囲気と思う。
山一戦争といわれる抗争事件の時には、一和会という組織を名乗ったほうが結局崩壊の道をたどった。
この山一抗争は、山口組4代目継承抗争であり、
その抗争目的は、山口組当代というヤクザ社会の共通意識が前提にあり、その継承資格が問題となった。
この抗争は4年半に及び山一戦争というにふさわしい。
その後1990年、
他団体との関係性では、山波抗争という事件があり、これは半年で終了。
だが、一般人を誤射するなどヤクザの喧嘩とはいえなくなり、
民法709条使用者責任論に影響を与え、その後の暴力団トップへの民事責任追及のきっかけとなり、
さらに刑法的には共謀共同正犯のスワット大法廷判決へとつながってゆく。
この事件後に、中野会会長襲撃、日本不動産地所生島社長銃殺、宅見組組長銃殺事件と続く。
山口組関係の抗争事件では大阪戦争といわれる抗争があったが、山口組一極支配という抗争目的、
そして山口組一極支配を前提にした山口組トップ問題に関する構想目的とわけることができるだろう。
抗争事件が質的に大きな変化をしたのは中野会会長銃撃事件である。
その後、暗殺事件が連続する。山波抗争以後は従来的暴力団抗争がやりにくくなった。
ここで時系列を再掲する。
参照クリック63484213[1].htmlhttp://mita.blog.jp/archives/63484213.html

時系列
1996年7月 京都にて中野太郎氏襲撃される。会津小鉄会系の襲撃とされている
        (襲撃部隊に他団体もいたともいわれている。)
1996年   中野会襲撃事件後梅田駅前で生島氏銃殺される。
      襲撃した太田興業組員も二名生島氏護衛F氏反撃で射殺される。射殺犯Fは逃亡。

          ☆ 1997年会津小鉄会高山登久太郎氏引退。

1997年8月28日 夕方 神戸オリエンタルホテルで宅見勝氏銃殺される。実行犯は中野会組員。
         (同日午前中に宅見組が中野会を襲撃したという未確認情報あり。)
1997年暮れ 山健組組長K氏飯倉交差点にて拳銃不法所持の共謀共同正犯で逮捕される。
2006年 宅見氏銃殺事件実行犯グループ鳥屋原氏発見。F氏も秋田県で逮捕される。
2012年 日本不動産地所破算
2013年 実行犯財津晴敏氏逮捕

山口組当代人事は山口組裏社会支配一極体制のトップ人事であるなら、
その人事抗争の理由に二つ考えられる。
一つはヤクザの面子であり、一つは経済闘争である。
(ここで一例をあげさせていただくと、後藤組組長後藤忠正が除籍されヤクザでなくなれば、
後藤の経済活動を守り維持する背景がすべて失われる。
ヤクザであればこそ、政治家が金を借りに来て、公共工事の予定を漏らす、高級官僚が付き合う、
そしてその後藤の資産や経済活動を守るのは自身の持つ暴力装置である。
後藤が元後藤組となれば、ヤクザの行動原理はチンピラヤクザが金を集りに行く相手でしかない。
ゆすり集りというのは、因縁をつける理由と相手が自分より弱いということでなりたつ。
チンピラヤクザが後藤忠正を刺しても大したことにならない。世間で食えないのだから、刺して捕まっても
そのほうが楽。後藤忠正はそれくらいわかるから、カンボジアに組資金すべてを持って逃げたのである。
山口組当代にサイン下さいと公衆の前で迫るのは、面子というドアに拳銃弾を撃ち込むガラス割と
考えたほうが合理的。同時に山口組当代にそこまで接近してサインをねだる神戸山口組組員が拳銃を
飲んでいたら、銃撃事件になるであろうし、山口組当代の護衛の面子は丸つぶれ。
このことは名古屋山口組の地盤沈下になりかねない事態である。)
経済活動をするにはヤクザの面子が必要で、それは代紋であり組織やヤクザ社会の立ち位置(座布団)で
ある。この代紋とヤクザ経済行為は車の両輪で、宅見組組長銃撃事件が山口組人事の歴史や展望と関係ある
だろうが、その唯物論的理由は金の分配をめぐる対立である。
住友銀行に刺さって脅し取った3000~4000憶円の分配に与れないものが、
(イトマン事件)
気に入らない犯罪収益分配差配人を殺すというヤクザの当然の行動原理が発動したに過ぎない。

(あるとき、盗跖の手下が親分の跖に"泥棒にも道がありますか"と聞いたことがある。
跖が答えて言うには"行くところ道のないところがあるものか。
泥棒が庫の中をあれこれ想像するのは聖だ。
盗みに入るためには勇が必要だ。
ほかの者に遅れて出るのは義だ。
情勢判断をして可否をきめるのは知だ。
泥棒した財宝を平等に分配するのは仁だ。この五つのものが備わらないで、
大盗になれた者はまだ一人もいない"と。


昭和バブルはヤクザの経済行為(凌ぎ)に大変化をもたらした。
総理大臣人事までに影響を与えるヤクザ組織があっただろうか。(東京佐川、許栄中)

総長賭博摘発事件で、山口組三代目ほか、おおくの組織のトップが逮捕された。
政治とヤクザの間にはっきりとした上下支配関係があった。

その国家の基本をぶちこわしたのが、
竹下登、金丸信、小沢一郎である。

東京佐川急便トラックで運ばれた80億以上の現金で政権を取る。
許栄中は帝国ホテル内に個人事務所を構え、成田空港もフリーパス。
後藤組はJALの筆頭株主になり、優待券という割引切符を売って商売をする。
国際線で食材を運搬する。
その竹下がリクルートで失脚すると、口約束という手形を切り続けた筆頭秘書青木伊平が
手形を落とせず、竹下辞任の二日後自殺。
許は帝国ホテルを追い出され、イトマン、石橋産業事件などで服役する
佐川急便は任意保険を断られ、存亡の危機を金丸信に頼みこみ、
某損保を窓口に、自動車保険を特別料金で損保業界全体と契約することになる。
運送業は自動車任意保険に入らないと認可されない。
佐川は事故が多すぎて、通常の保険制度に入れない。
(大手運送会社は交通省の認可で自社内任意保険を認められている。事故が減らない佐川だけが
認可基準にみたない。普通の会社ができることをできない佐川急便なのです)
政治が金に直結し、銀行さえ政治に支配されたとき、その政治にメスを入れられる。
田中角栄の存在意義がまったく失われたときに、田中角栄逮捕が行われる。
同様に、竹下後の政治体制を作りきれない日本という国家が覚醒するきっかけになった
北朝鮮問題です。
森友学園問題というどうでもいいクレーマー問題を取り上げた、
民進党以下は国民政党としてふさわしくない。確かな暴力革命政党以外は消滅するでしょう。

1 さて、抗争事件が経済事件に隠れる時代。
ナスカジャパンをネット攻撃する風潮が昨年目立ちました。
その理由は、銀座中央ビル、南青山三丁目、そして代々木会館などの経済行為にあると思う。
これらの地上経済行為で気づくのは利害が調整できなくなったということです。
南青山三丁目でPAG河合とか女金田こと野口真紀が取り上げられている。
12億も儲けたのに、ソフトウエア工業のほうに金が流れていないようです。
ソフトウエア工業(ソフトウエア興行)丸山三郎社長は死んだようですね。
そうすると、死人に口なし、口約束も反故となったとする。
そうすると、PAG河合になぜ怨嗟の投書が飛ばされるのか。
CCF20130619_00000.jpgCCF20130619_00001.jpgCCF20130619_00002.jpgCCF20130619_00003.jpg
CCF20130619_00004.jpg

これは分け前争いです。
内部が外部と通報して、会社を食う。
外部は利用するだけ。
利用されたほうは裁判所に行ける立場がない。
そこでネットやマスコミで攻撃する。
通常は不発ですが、ほかの火薬庫に飛び火すると大爆発になる。
ここまで、理解してやっているかどうかはわからない。

この記事へのコメント