内田マイク、福田尚人。

今年に入り、内田マイク、福田尚人の刑事事件判決を読み、傍聴しました。
内田マイクについては、そのフロントと裁判所で会ったことがある。
福田尚人については、登記でよく見る名前ですが、その属性について誤った認識を持っていたかもしれない。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50906
この森功氏の記事は参考になりました。
(判決を聴きに行けないので参考にするばかりか、何よりわかりやすい。)
福田尚人の判決は一応聞けたのですが、捜査側はよくこの人たちの仕事場と関係者と手口を調べている。
そのことにも感心しましたが、一番の驚きは被害者がK物産ということです。
プロを嵌める詐欺師をクロサギといいますが、K物産は慎重ないい業者です。ただ不動産関連業プロであります。
なぜ、K物産が被害者になるのか。ここがポイントと思う。
新橋4丁目でNTT都市開発が12億の前捌きの金を出す。これが不思議でありましたが、
新橋4丁目関連登記を見てゆくうちに、K物産が登記名義に現れる。
これはK物産の業種と仕事から当然のことでありまして、ここで収益を出しているのは金融不動産業では
至極徒然、また高橋礼子物件でもない。
近隣で数件似た取引をしていた。
ここで、慎重なK物産に成城の他人の土地を売りつけるクロサギが「時蕎麦」ではないかと気づいた。

小さな取引を三度重ねて、もうけさせる。信用を得て成城で大きくだます。
港区新橋4丁目その1.pdf
港区新橋4丁目sono2.pdf
類似登記の流れが数件以上ある。
港区新橋ある意味その3.pdf
ここで出てくる登記名義人には特徴がある。そういうことを知る人が、
当ブログにコメントで教えてくれるわけです。(下記コメント参照)
http://cossato.seesaa.net/article/449743321.html
茄子かキャベツ化回し下痢ということも一つのことですが、
地上げ資金の調達先と、犯罪収益資金の動きと複雑に絡み合う。

では、また明日ということで。

この記事へのコメント