南青山三丁目、湖雲寺騒動の視点(真珠宮ビル含めて)

新橋4丁目白骨遺体事件が発覚したのが昨年初め。ある一部のマスコミには
一昨年あたり認知されていた気配がある。
この社会的事象は白骨遺体が出てきたことで刑事事件として
社会が考え始め、実際に捜査本部が愛宕署におかれたようだ。
その時期は昨年8月ころか。
社会的にはこの事件に先行する地面師事件捜査が行われていて、
その大きな成果が内田マイク、福田尚人有罪事件である。
長年にわたり放置されていた職業地面師が逮捕されたわけだ。
小さな事件として小野塚清事件がある。
小野塚清からすれば大事件で現在控訴中なのであろうか。
この事件がマスコミ的に注目を浴びることはない。
しかし、当ブログ的には地上業界の勢力地図に大変動と感じた。
理由は六本木三丁目傷害事件現場である。
ここは小野塚が所有していた土地であるが、
その理由は不明であるが登記名義は長年他人に預けていた。
そのことを法的技術で衝かれて登記名義を変えられてしまった。
小野塚が所有(預かっていた。)土地二筆がかっぱらわれたのだ。
そのうち一筆は山健組先代と兄弟盃を交わした関係者と思われる。
六本木三丁目物件も明らかに日本青年社所有物件を視野に入れていた。
こういうことが起きれば一種の抗争事件が起きるであろう。
小野塚はその所有権主張物件を取り戻すことができるだろうか。
他人名義に物件登記名義を承知で預けておくことを通謀虚偽表示という。
この事例では、不動産登記名義を得たものにその通謀性の悪意があるかが、
ポイントであろう。
それ以前に小野塚が裁判所に自分の不動産を奪われましたと訴えるか。
あるいは刑事警察に地面師事件被害者として届けるのか。
気の毒なことではあるが(実際にそう思っている)、当ブログ含めた
小野塚さん物件不思議な登記報道(バッシング)で小野塚さんは
南青山2丁目でもおかしな事件化をされている。
おかしいんですが、日本社会では小野塚さんが地面師として処罰されない
ことをおかしい不当だという風潮があって、この分野で小野塚さん
をネット回し下痢してもいいとはいわないが構わない風潮がある。
これは小野塚さんが法の保護を求めると、六本木三丁目傷害現場登記で
自らの原本不実記載と有形悪意を陳述せねばならないのでできないのです。
つまり法の保護を求めるには自らが汚れでも汚れにほどが必要ということ。
英米法原理的にも人権保護の範囲外でしょう。
そうです、小野塚清にこの限りで人権はない。
名誉棄損で私が小野塚に訴えられれば多分敗訴する。
(馬鹿を馬鹿といってはいけない。)
その際小野塚清の人格権を裁判所がいくらに評価するかを知りたい。
その前に、小野塚の仕事一覧を裁判所に提出したい。
小野塚清関係人一覧も提出したい。
べつに証拠として採用されなくても構わない。
同様に
山岡vs田邊勝己名誉棄損事件も田邊人格権の価格がいくらかが問題。
こういう世界があるわけです。
しらない世界を明らかにすることが地面師殺人を防ぐことになる。
南青山三丁目、湖雲寺、ソフトウエア興業事件でPGAデブリン子河合が、
話題になっている。
どうして話題にされるかという基本から考えないとまずい時代が来た。
NTT都市開発が地面師とコラボしている。
某一部上場住宅メーカーが大地面師事件にかかわっている。
スーパーゼネコンが受注のため地面師を利用して公共工事をとろう
としている。
東芝が何ら理由なく帳簿をきちんと記入していない。
こういう時代ですから、日本資本主義の危機なんであります。
今日の話は昨日の続きであって、明日は今日のあとにくる。

この記事へのコメント