事実は事実で事実である。

野口真紀破産騒動(陰謀)で野口(金田)側から働きかけのような
ことがあった。
そのようなことにかかわるには自らのポジションとか、
トラブルの存否、内容、解決方針、解決裏付け、妥当性とかいろいろ
検討する必要がある。
基本的にあり得ないことであり、その後の展開と矛盾することもあった。
この世界はそういうものでありまして、
http://brog.keiten.net/?eid=1097723
(凄腕の女地上げ師まきりん⑬債権者集会)
の投稿に冷静で論理的なものがあった。makirin5311.pdf
債権者集会ガンガレと揶揄しましたが、きっちり債権者が破産の公正を
守るアクションを取られたようだ。
ダメ押しで、事実をネットで公開されて、効果が倍増というばかりか、
多くの社会的問題性が明らかになる副次的効果さえ表れている。
それは、PAGという日本経済社会のプレイヤーの
異常性、奇形児ぶりであり、
同時に、そういう存在に寄食する弁護士という生き物を明らかにしたことだ。
破産を利用して、経済闘争で弱者を食い物にするゴルフ村弁護士。
破産村弁護士たちに依存する破産裁判所。
(まあ、これは弁護士に自覚がなさすぎる)

そういう現象が南青山三丁目現場で騒ぎとして起きたわけですが、
一方で私事ながら、ライブドアブログを削除せよという、
匿名の要求があり、
新橋4丁目でも弁護士が地上げ事業保証をしていたと思い出した。

1 あると法律経済綜合事務所。
いま誰の代理をしているか不明ですが、弁護士は代言人ですから、
商売中心に考えれば「あると綜合法律事務所」は商売です。?
現在、代々木会館地上げで出てくる事務所です。
この事務所が南青山三丁目でも出てくる。甲区5番。
港区南青山3丁目165不動産登記(建物全部事項)2016042542537482.PDF
ビーピーワンの本店所在地があると法律事務所。代々木駅前開発も同じ。
株式会社ビーピーワン法人登記簿(全部事項)2016031411414996.PDF
この南青山三丁目の滅失建物は
一度ゴールドマン共同担保に入った後滅失された。
それ以前に、乙区7番にあるように、
裁判所を利用して、差し押さえを解除して借金を踏み倒している。
それを行ったのが榊原。
房園らがKSG利用してやりくりして、この物件はUR買い戻し特約同様の
権利が見えないゾンビのようにあると考えるべきなのです。
それを野口真紀らは知っているでしょう。
そういう故意に作られた瑕疵こそ事件師の道具です。
野口真紀騒動は結果的に将来現れる新たな被害者を防いでいる。
たしかにいい仕事です。
投稿者の一人は興信所を使って調査されている。
気合が入っているし、それくらいでなければ効果は出ない。
逆に、金田グループはそれほど怒りを買っているわけです。

本ブログに投稿してくださる方が、
周知とされていること。
やはり、登記は自発的に行うものだから重みがある。
>玉置実花
株式会社M-1インベストメント
東京都渋谷区恵比寿一丁目16番31号
取締役:玉置実花

ここは別投稿で事実を開示しましょう。
http://cosmos.iiblog.jp/article/450403772.html
「前川次官が出入りする世界、出会い系。」

2 TMプロジェクト&M-1インベストメント。

8d4e5c03.jpg
港区新橋4丁目134-1-1不動産登記(建物全部事項)2016072710381974.PDF
この建物占有者から「何か御用ですか」と聞かれて、
思わず「人殺しを探している」と答えた。
占有を主張する、ともかくもの理由があったようだ。
ただ、そういうことは訴訟などで積極的に主張して行くべきで、
占有屋のようなことと外形は同じです。
この物件に民事的問題が元占有者との間にあったらしく、
不動産業者がそういう立場の人を法的登記的優先権利だけで、
排除することをすると、間違いなく事業は失敗する。
「競売で取得した土地だから俺のものだ」と土地上に門を付けたりする。
大概がそういうのは10年たつと倒産している。もうすぐだな。(w
TMプロジェクト&M-1インベストメント。右に同じ。
(芸人に上手い上手はなかりけり。ゆく先々の水に合わねば。)
持って他山の石とせよ。maxresdefault.jpg

3 吉本生ポ芸人が復帰とか。
「お前に喰わせるタンメンはね~」うちは親族みんな生ポで生きている。
この在日北朝鮮人吉本芸人が復帰するとか。
関東でも、
新橋4丁目事件で三京とともに登場したCKのMが生ポで暮らしていて、
それでいながらパチンコ屋に外車で通う。
そのうえ、地元の業者から手付金を取って決済はしない。
こちらのほうが悪質ですな。
いつ捕まるんですかと、聴かれました。
しりません。
新橋4丁目ビジネスには一切関係ないから。

この記事へのコメント