事実は、「今々認識」を超えている。

今々認識とは、私の造語でして、
ともかく「今々」なのであります。
山口組巨大、強い、六代目最強。
ところが菱分裂。再分裂、
ここまでが報道段階まで来た事実。
これが「今々」事実。
そして明日の「今々」事実かもしれないのが、
幸平一家神戸山口組入り。(これは噂の段階)。

「今日の話は昨日の続きで今日の続きはまた明日」
これは、ある人物グループの認識が、報道などのタイムラグで、
遅れるということを認知できるとさらに味わい深くなる。
森友学園キャンペーンも行政庁の許認可実務実際を経験しないと、
その嘘というか作り話性がわからない。
そのことを一般に言っても、
なんといっても朝日新聞とネットブログでは勝負にならない。
60歳以上はネットで2チャンネルはみませんから。
ただ、スマホやPCで報道や情報を取る若年層は、
なんだかんだで、安倍政権支持が強いようです。
これも変化です。
加計学園キャンペーンが成功するか。
変化が止まるか加速するか。興味深い。
ヤクザ世界はその内実が公開されているわけでもなく、
ともかく山口組という存在がその社会のなにかを示している。
現在一般が認識している、暴力団社会の事実は遅れて一般に知られる。
それもある部分は欠落して。(当然です)
山口組T氏は服役中ですが、次期山口組トップの声が高い。
これを論ずるのはタブーで、何の得もなく損ばかりですが、
「今々」認識は2019年ころの事実を正確に認知できない。
2019年にT氏が生存しているかは、同年代のものなら自らを振り返れば、
わからないというのが今々予測としては正しいでしょう。
わたくしは元気で復帰されると思うが、なんにせよ、
年月は同じに過ぎてゆき、人は加齢で急速に衰えたりする。
ヤクザ社会は経済的裏付なしに存続できず、その経済システムの変化は、
ヤクザ社会変化になる。
いま、報道されない事実が一般の目に明らかになるときに
変化が表面化するわけです。

1 FBIがNSAの下請け会社社員を逮捕とか。
http://the-japan-news.com/news/article/0003743181
「Report: Russia tried to hack voting systems for months」
(YOMIURI)

こういう報道がかろうじて日本でありまして
The Intercept did not say how they acquired the document,
but shortly after its report appeared,
the Department of Justice announced the arrest of Reality Leigh Winner,
an employee of a national security contractor,
for leaking top secret information to “an online news outlet.”

Realityさんというひとで、政府機関の下請け会社社員で、
アメリカの選挙情報データを持ち出し外部に流出させたらしい。
その文脈に、ロシア、民主党大統領候補選立候補者バーニー・サンダース、
こういうフレーズがあって、
Realityさんは常々トランプが大嫌いという発言人物とされる。

これが事実かどうかですが、トランプ大統領vsFBI前長官の
バトルという事実に、この風評が加わって
「今々」アメリカ政治を考えると、
トランプ大統領弾劾はマスコミ「今々」予測を超えるのでは。
トランプ大統領弾劾ムーブメントは数か月で決着がつく。
ここで弾劾が成功しないと、未来の「今々」は
大統領の報復が激烈だとなるのでは。

2 安倍政権降ろしに衆議院議長が参加
安倍総理の憲法改正案は憲法解釈論という法実証主義の論議であって、
憲法哲学ではない。
暴力革命を党綱領からすてない日本共産党の憲法論議と
噛み合う要素は一切ない。
政治論的憲法論議と内閣法制局の憲法論は違います。
安部首相を人形というのは憲法改正論議提案というぶぶんと中身で
たしかにお役人様の人形的ですが、
尼子のお家再興を願う耶蘇マンセーより、人間として信頼できる。
ただ、安倍内閣の中には風俗通い掟破りを許さないのもいるなら、
前川元次官逮捕されたりするかも。
記録の紙一枚でも役所のもの違法に持ち出したら窃盗です。
この人の資料って、
この人が作ったのでしょうか。
書類づくりが上手な顔はしていない。
アメリカのマネする日本ですから、
ありえます。
明日の今ですがね。

この記事へのコメント