セガサミー社長宅ガラス割り。

セガサミーの里見氏宅がガラス割された。
この件で三名の組員が逮捕されたという。
組員のひとりは山健組。
さて、
「ガラス割」という行為はヤクザのピンポンダッシュで
いたずらではない。
組員が他団体の事務所玄関に拳銃弾を撃ち込む。
これも「ガラス割」ですが、抗争事件の前触れで、
宣戦布告のようなこと。ここでトラブルが終わればいいことです。
セガ会長自宅に「ガラス割」を暴力団がするには、
動機と計算がある。
行為としては請求書です。
民事事件で裁判所に行けない請求権はあります。
この山健組「ガラス割」が、本人の請求権に基づくものとは
考えにくい。
業界の行動原理から言えば、山健組組長格を代理人として、
背後に里見氏に請求権行使をした人がいると考えるべきです。
ではいかなる請求権でしょうか。
セガサミーを上場するときに、資金ローンダリングをせねばならなかった。
その理由はこれこれ。当事者はだれだれと聞いたことがある。
つまり、帳簿にやくざオリジンの勘定科目があると上場できない。
(某港湾運輸関係会社のように)
その処理がきちんとなされていないと、こういう「ガラス割」行為はあり得る。
この事件は、山健組関係の粗忽な事件で終わるでしょう。
だが、その根が切られなければ、問題は延々と続く。
A,B,Cが共謀して何かした。B,Cが裁判所に行けないから、山健組法律事務所に行く。
山健逮捕。表世界では終わります。
B,Cが実はこうだと事実を表明したら、表世界でも問題復活。
「ガラス割」で逮捕者が出るときには問題が拡大するものです。
ここが二面性法律事務所の怖いところ。双方代理ですな。
また、通常の委任事務でも
守秘義務なくなれば、言いたい放題になる。
どういうばあいでも、筋は通したいものです。
ばくち屋にいかさまはご法度です。

2 二項詐欺で逮捕される
神戸山口組井上邦夫組長が、他人名義で携帯電話を契約して
逮捕された。
確かに携帯電話会社に、井上氏の身分証で携帯電話契約を
申し込めば、断るでしょう。
さらに最近は申し込みの際に暴力団でないという誓約書を
書かされる。
そういう局面を見れば井上氏に権利詐欺があり、主犯は
申込人なのでしょうか。
ただ、通信という行為をこのようなやり方で奪っていいのかという
問題は残る。
「ヤクザに人権はないのか」こういう問いと同じ。
あるけど、制限される後天的にです。
それでも、そこまで制限するかです。
アメリカの場合は会話傍聴が簡単なので、犯罪者は頻繁に電話を変えます。
その電話を追うことが重要な捜査でさえある。
この井上氏逮捕でヤクザ世界の電話利用が変わるでしょう。
複雑な転送経路をへて、業界通信を確保しようとする。
自動車任意保険がヤクザさんに解放された。
やはり、禁止できない生活事実はある。まあ人権です。
(どこで引き受けてるかわからない。佐川急便のようなこと)
携帯電話も特別キャリアでヤクザ専用会社を許可したらどうでしょう。
傍聴の事前同意付き(証拠可能)、代金はプリペイド、
会話は自動録音。
それでも2万台は契約されます。
アジアはみなそういうシステム。それでいいのだ。

3 神戸山口組から重大事件逮捕者出るという噂。
この噂は具体的にされていて、わたくしのブログは三番煎じ。
山口組幹部を逮捕したいということは当然でして、
組織を一本化しないとチンコロ合戦になるから、逮捕者が増えるという
論理を展開する人がいる。
それはそうだと思います。
ただ、真珠宮ビルのように経済行為=誘拐監禁。
最近は地上げ=殺人

こうなると、摘発は最大の防犯。
金塊強盗犯に捜査情報を漏らした愛知県警。また愛知ですか。
ルーシーブラックマン捜査情報を漏らし続けた、
警視庁安全課課長。
ともかく、南青山三丁目とか近年の東京の地上げで出てくる
山口組直系団体に、殺人のうわさが多すぎる。
わたくしはこの辺りはきちんと事件化されると考えています。
内田マイクらも事件化された。
埼玉の豊田組斎藤顧問@藤友会の事件もある。
不在地主成城学園事件捜査班に期待します。
やはり、殺しはダメですよね。

この記事へのコメント