大坂正明、桐島聡、そしてU.

10日ほど前、大阪正明逮捕を知った時、生きていたかと思いました。
もちろん何のかかわりもないですが、
渋谷暴動とか、東大闘争時代の学生なら、この名前は憶えていなくても
いろいろ記憶を喚起されるはず。
ダウンロード (45).jpg
ダウンロード (46).jpg
年は取っていても変わっていない。
大坂に生活の苦労はないですね。
成田空港管制ビルに立てこもり逮捕されたものにたいして国が賠償を求めて、
1億300万の判決をえた。被告は16名。
彼らは昔の仲間のカンパで4か月で1億300万揃えて賠償をした。
そういう支援者がいたわけです。
みな働き盛りだから、一人3万カンパすれば2000人で6000万。
一人5万ということでした。
大坂は中核派で支援組織がいまだに健在なのでしょう。
(民進枝野も中核派)
公安警察は過激活動家が就職しても監視活動を継続。
それは、過激派でも社会生活を通常に過ごしていた者の生活を
守ったということでもある。
「反社」レッテル張りに終始する現警察ヤクザ担当より尊敬できます。

大坂が生きているなら桐島も生きているでしょう。
サポートがしっかりしていれば、逃げ切ることが闘争です。

この世界の人は、ヤクザ世界と近くて、
八幡商事大村幹雄の兄弟が有名過激派です。
大村幹雄もタイで客死しましたが、
田中義三と同じラインで動いていた気がする。
理由は弁護士が同一でしたから。
地上げ世界の大物、S氏を書いたら(取材申し込みはした)、
過激派弁護の若い弁護士から、強烈内容証明が来た。
Sさん早稲田の過激派時代から知っていて、(有名だからね)、
まだそういう弁護士使われているかと思いました。

大坂らと手配されていたUは明治学院、
バンド活動していた人の後輩。
すでに逮捕されて、刑期は終えているようです。
なんとなくほっとする。

1 イトマン事件と山口組
イトマン事件で大村幹雄の活躍があって、ただ、目立ったのは許永中。
東京佐川急便事件とか多くの大事件があった。
宅見組、稲川会、八幡商事の台頭ぶりはすごくて、
夜の商工会議所会頭は石井氏といわれた。
この時代にヤクザ社会は完全に変質した。
暴対法ができて、菱が分離して、再分離。
山健組組長が二項詐欺で逮捕されたという。
大坂正明を追い続けた公安警察の人権意識からすれば、
この兵庫県警山健組組長逮捕が少なくとも別件逮捕でなければならない。
私見によれば、起訴猶予で出てくるでしょうが、
20日もしくは10日の間に何を聞くかが問題。

単に、山健組が神戸山口組事務所を兵庫に新設したから、
二項詐欺で逮捕というだけなら、悲しすぎる。

2 宅見組という大組織。
神戸山口組幹部を逮捕できる罪名は何でありましょう。
ヤクザ対象刑法と刑事訴訟法がある。
興味深い。

この記事へのコメント