新橋4丁目地面師事件発覚約一年。

飢え死に状態の白骨死体が出た新橋4丁目。
新橋地区再開発という大公共事業があるわけでして、
そこには不動産業者が集まります。
NTT都市開発、野村不動産。
大手ではこの二社がかかわっている。
(まあ、明らかになった)
NTT都市開発の名前は代々木駅前開発、神宮前でもでてきます。
ここで大手業者が地上げに参加してまずいということはなく、
ただ、NTT都市開発は新橋4丁目事件現場に金を出すタイミングが悪すぎた。
NTT都市開発という企業が失踪事件を知りつつ地上げを
やらせていたということはない。
ただ、内部の役員とか担当は薄々知っていた可能性はある。
この地上げ有名関与者について、数年前、不動産業者から電話があった。
その業者はNTT都市開発も小野塚清も知っていまして、
新橋地区の失踪者について言及すると彼はいきなり電話を切りました。
そこそこの地上げ現場で失踪者は出ているものです。
麹町、神宮前、新橋4丁目以外の新橋、五反田。

大型地上げ案件は必要だからやっているのでして、
最終的事業者は決まっているのであります。
かならずゼネコンも決まっていて、事業主体不動産業者、
背後の長期資金を出す銀行も決まっている。
(大型工事を誰でもできるということはない。
それだけの技術力経験はある、それは尊重すべき)

同時に、地上げ現場には立退料目的の色々が蝟集するのであって、
そのなかにはジャーナリストからタレントまでいる。

指定暴力団本部を地上げするものがいるから、ミッドタウンがある。
ヒルズの地上げの歴史は50年以上です。

この地上げの初期から完成までのあいだに、
色々な出来事がある。
印刷業の親父が8億の金を手にして、
家族が仲良く暮らしている事例もあれば、
同種事例で、破産一家離散もある。
そういう仕事に携わる地上げ屋のほうはもっと悲惨です。
年収10億が行方不明になる。

茄子かキャベツ化マキリンミンチでホイコーロウ
とかいうのはたやすい。

皆さん色々大変なんだなーと思ってしまうわけです。
同時に、自己責任。
こういうのに金を投げた金主も大変ですなと
思うわけです。

誘拐監禁殺人がずべて犯人逮捕で終わらない。

ただ、こういう大型事件地上げ参加して、
実情が世間に知れると、外資も影響を受けるでしょう。
市場がそういう経済主体を持ち上げたり、排除したりする。

新橋4丁目事件は登記詐欺事件ですが、被害者がいない。
死んでしまったらしい。
これに絡んだNTT都市開発は大手企業でいられるでしょうか。

ゼネコンは造注というカルマがある。
しかし、そろそろ、そういう社会システムを変えたほうがいいでしょう。
なんでも限界があります。
拡大しつづける関数はない。

この記事へのコメント