文科省文書。

①前川元次官&朝日新聞 忖度文書がある。
ここで、第一次忖度踊り。
音頭取り、民進党玉木。
②菅官房長官談話
怪文書の類では。
(帝国陸軍的、知らないよー戦術)
③忖度音頭祭り拡大。炎上。
前川元次官出会い系風俗通い事実公開
51MXkOCibsL._SX337_BO1,204,203,200_.jpg
④忖度音頭曲目変更
東京新聞部落、W大卒(と思う)、
美人記者(らしい)、
菅官房長官に食い下がる。
文書は存在したかしないか。
アルツハイマーになる前に思い出せ。

文書がないといい続けて、ありましたとなると。
これは嘘になります。
そこだけ強調されると忖度音頭が全国的になる。
いわゆる「共謀罪」も福嶋ミズポらの協力で成立。
ここで、忖度音頭祭りの、山は越えた。


⑤山は越えたから、文書の存在論議をしよう。
(安部首相に助言したのがいるはず、危機管理原則)
そこで、掟破りで流出して、文書も改ざんされている
こういう雰囲気にする。
事実であれば仕方ない。   ←今ここ


まあ事実がまんまでるかどうかは、
文科省vs官邸の力関係です。
面従腹背者は寝返るもの。
未成年とチョメチョメで事情聴かれたり、
公務員法違反で事情聴かれたら、喧嘩になるか。
いや、喧嘩するか。

民進党も忖度音頭祭りに疲れる。
基本的に、どちら側かわからない、政党で
蓮舫が火星人であっても政権は取れない。
どうでもいいのであります。
権力の宣伝材料でしかない。


蓮舫辞めろというが、二番目でいい女は便利だ。
辞めさせないと思うよ。


ところで玉木雄一郎。
故郷が好きな玉木雄一郎。
愛媛県今治は故郷でない。
でも100万はもらった。
こういうやつが、
日本社会で馬鹿リストに載るのです。
反社を弁護して相手を反社といい募る弁護士と同じ。
自己矛盾。

祭りは終わりました。
あとは「連」の練り歩き。timthumb.png



この記事へのコメント