弘道会東京本部

福島連合の事務所が歌舞伎町にできたとき
山口組内部で何か変動があると、山口組ウオッチャーが言っていた。
歌舞伎町という街でヤクザが事務所を作るということは、
縄張り主張であり、その地域の勢力図がかわるか、
かわったということだからだ。
その前後、中野会中心に抗争事件が起こった。
1996年7月京都事件(会津小鉄会中野太郎襲撃)
1996年8月日本不動産地所社長銃殺(侠友会@山健組)
1997年8月宅見組組長暗殺
1997年12月末山健組桑田組長逮捕

五代目体制が6代目体制に変わる契機、
またその理由がさまざまに語られている。
ここで、
イトマン事件の金がどこに流れたかを考えてみる必要がある。
イトマンから消えた金は4000億円とも言われる。
それはどこに消えたのか。
その行方はいまも追跡されていて、
ゼファー・ゼクスの債権飛ばしの追及は行われている。
南青山三丁目事件の主役金田真紀関連代々木駅前物件に、
関西アーバン銀行の債権が眠っている。
その債権を回収しているのが金田真紀。
回収される企業は居酒屋白木屋である。
まことに、PAG関係の債権回収はやくざまみれ。
連邦政府がTOC制裁を与えるべきである。
この代々木物件の地上げこそ、
ナスカジャパン今井洋氏の砦であり、始めたころは
普通の地上げであった。
中野会関連事件の背景には山口組の路線抗争があり、
どうじにやくざの抗争には資金元が必ずいる。
日本不動産地所生島社長はカタギだが、ヤクザ相手の金融屋。
集金装置は許永中。
もともと生島社長もヤクザだった。
許永中が大坂信組(倒産)のマル専手形を三和銀行で割る。
それを金融に回す。
生島、八幡商事大村幹雄、A組組長などは菅谷正雄の舎弟である。
経済ヤクザ、会社喰いとはそういうことなのである。
日大の田中英寿も日大会社喰い大物古賀隆介の手下である。
佐世保重工事件で公正証書原本不実記載で逮捕され、
三年の実刑を受けた古賀隆介。
オリンピック選手候補で日大に入り、
日大全共闘幹部を南京袋に入れて、
神田川に投げ込んだ男。
田中英寿は単なる暴力団親密交際者ではない。
「会社喰い」大村幹雄と並ぶ
日大古賀隆介の配下である、
真正会社喰いである。
大学を食い散らかすなどあたりまえであります。
山健組O氏と生島の対立軸を考えて、
経済ヤクザ宅見と許永中の対立軸を組み合わせるとわかることもある。
同時に山健組桑田組長は共政会沖本氏と5分の兄弟盃を交わした。
弘道会竹内氏と稲川会内堀氏が五分の兄弟杯というのと同じ。
これは将来的に弘道会が稲川会の上に立つということ。
田岡三代目と五分の盃である稲川会が一歩引くということである。
こういうことが、抗争の火種になる。
山健組桑田組長を次の山健組トップ=山口組6代目に
したくないものが出るのがこの世界である。
そうすると、スワット事件のきっかけ、警察への通報(チンコロ)
をしたものは誰だとなる。
桑田氏と司氏がいない間に6代目になれると思った人でしょう。

4000憶の金を分配するときに力を発揮する代紋の輝き。
聖跡桜ケ丘事件で、一敗地にまみれた日本不動産地所生島が
中野会の一員になれば、聖跡桜ケ丘でうまい酒を飲んでいた、
M建設とスポンサーは命が危険になるでしょう。

聖跡桜ケ丘地上げ合戦を観察していて、
その後も観察を続ければ、東田町のエムって誰だろうかとなるんです。
M-1かなTMかな。あるいは絵夢か。
20140402_600288_t.jpg


1 弘道会東京本部長が小松組。
事務所だったマンションが麻布十番にあり、
お話はその事務所の向かい側の喫茶店で行われる。
登録上の本部事務所は知らない。

2 山健組トップが京都府警に逮捕されているらしい。
地上げで収益を上げねばならず、過去の投資も回収したい。
さらに新事業も開拓しないといけない。
ヤクザも大変な時代です。
猫の手も借りたい時代。
images (22).jpg
ただ、PAGの肉布団肉団子騒動と、新橋4丁目、そして五反田怪奇の館を
見ていると、限界が来ている。
いまだに弘道会T氏が刑務所から出てきたら7代目というマスコミもいる。
生きて出てくるのか、出てきても70過ぎではすぐに八代目です。
斜陽産業です。


ただ、新たな分野への投資開拓は怠りなくやっている。
産業廃棄物ビジネスです。
自然環境を守ることが経済循環の基本。
中国などは砂漠化する。
環境浄化に頑張りましょう。

この記事へのコメント