UR買い戻し特約とPAG

URの買戻特約登記が意味するのは、
当該土地の所有権は移転していない。
こういうこと。
だから、所有権移転と買戻特約登記の順位番号が同じなのです。
たとえ、現在の所有権登記名義人がPAGでもその物件の所有権は
URが支配している。
ここが基本です。
ここで、買戻期限が設定されていて、もうすぐその時期が来る。
その条件は共同住宅建設。それも低廉家賃部分含む。
買戻条件が解除される場合、URとの契約通り共同住宅を建てればいい。
以上が、筋道です。
その筋道を行けない裏街道の懲りない面々がいる。

1 村上ファンド、レノ、ライオンゲイン飯田、その他
この人たちは、南青山物件に投資した。
同じ立場のほかの人もいる。
物件が坪一億なら、皆さんニコニコです。
ところが現実は250憶でも高い。
(ちなみに、五反田怪奇の館の怪奇取引も
背景は地上げで、あの一角を全部上げてなんぼの世界。
ですから、一部上場企業が被害届を出せば事件になるが、
表ざたになれば、かえって被害届は出ないものです。
ですから、刑事事件逃れでネットで騒がせる奴もいる。)
南青山三丁目の表に出ている、マキリン、デブリン子、
茄子にキャベツとかはともかく仕事をしていて、
何を言われても耐えているのも仕事。
(別に応援はしないが、皆さんその人なりの生活がある)
さて、
URが今の状況で、買戻特約を外すには建物を建てるということ。
すると、物件は虫食いになり、賃貸住宅に人が入れば、
PAGは大損害。そのPAGに金を投げたのも大損害。
ですから、
① 買戻特約を外して、同時に賃貸住宅を建てない方法はあるか。
この「and」条件をぶち破るのが地上げ屋です。
それは、建築するそぶりを見せて、URが買戻特約を外す。
登記が外れたら、間髪入れずに、PAGから某社に所有権移転する。
某社から某B社に所有権を移転する。
そういう民法177条を利用して、
URに対する約束を反故にする。
そういう場合、大騒ぎになる。
するとアルデプロやマキリンが破産してマキリンがアメリカに帰っておしまい。
こういうことくらい朝飯前です。
つまり、アルデプロなどは倒産させる時期が遅れているだけ。
某社は暴社でありがちなんです。
大体予想できる。


2 シティインデックスセブンが出てくる必然
これもあるはずですが、
皆さんが無関心。
デブリン子とマキリンの肉弾戦は背後で
暴力装置がデブリン子のケツを押している。
(下品になり、申し訳ない。)、、、

3 予定は未定で確定でない
地上げは長期戦なので山あり谷あり、
茄子家が再繁盛もあり得る。
予定が外れる、あてがはずれるは、世の常。
(この恨みかならず地上げ屋にあり)
ですから、茄子やと仲間たちの企画を再検討する必要がある。

では、次号。

この記事へのコメント