まさかの坂を登らされる安倍首相

都議選惨敗の自民党。
その責任をとって下村衆議院議員があるポストを辞任したとか。
下村は文科省大臣時代日大田中永寿理事長に関する
スキャンダルを自ら調査すると国会で明言して、それを反故にした。
そういう政治家としての発言にたいして何ら責任をとらなかった人物である。
この日大田中永寿は体育会枠で日大に入学、
相撲部監督で有名だが柔道も一流の格闘家である。
同様に古賀隆助(隆介?)もオリンピック選手候補で日大に入学。
古賀は佐世保重工事件に関与、原本不実記載で懲役三年。
5年以上前死亡の情報が流れた。
没年月日不詳、死亡場所不明。殺されたのでしょう。
詳細不明。
こういう背景の田中永壽が、日大理事長戦で敬天新聞に応援依頼したことは
周知の事実。
そうであればこそ文科大臣は自ら調査しその結果が敬天新聞が
気に入ろうが気にいらなかろうが世間に公表すべきであった。
このことを土佐電鉄会長不祥事リークと同列に論ずる弁護士がいた。
結局「反社」を利することになるというのだ。
土佐電鉄は会長不祥事をリークされ上場廃止補助金打ち切りとなった。
そのリーク元は総会屋だったというのだ。
なるほど構造的にはおなじだわ。
しかし、土佐電鉄は膿を出し総会屋と縁を切れた。
日大田中を守るのが「反社」への利益供与を止めることであるから、
正当かといえば、断じてそうではない。
さて、この下村はオリンピック利権でも忖度しまくり、
それを黙認していたのはお友達内閣安倍内閣である。
忖度フロントが下村で、森喜朗らに便宜を図りまくり。
こういうことを長年にわたり行わせ続けて、
末端組織が内閣中枢の方針を決める、関東軍状態になり、
結局、加計学園あたりで一般は安倍内閣を見切った。
加計学園設立は妥当でも、あまりに知らぬ顔の半兵衛を続けていれば、
べつに義理もないから自民党に仕置きをしようとなる。
「声なき声」を聴きながら、岸内閣が倒れた。
国会まえの反米デモで岸内閣が倒れた。
マスコミは今回もそれを期待したのだろう。
ところで岸伸介は安倍の祖父に当たるそうな。
安部首相にお聞きしたい、
岸内閣を支えた閣僚秘書軍団その他応援団の面子と安倍内閣のそれを比較したとき
互角の陣容と思うか否かである。
防衛庁長官・大臣を比べても赤城宗徳と稲田朋美。
これだけで、安倍内閣の軽さがわかる。
加計学園に続き獣医学部を作るはずの京都産業大学が、
獣医学部設立を断念発表。
京都産業大学が安倍政権の提灯を持つわけがない。
みっともないのである。
それでも、最近の内閣として、わたくしはきわめていい内閣であったと思う。
ただ、すでに伸びしろがない。
同時に、マスコミこそ既得利権勢力だから、
安倍内閣が前後左右に動いても安倍内閣の小さな改革に同意することはない。
これから、蓮舫に代表される外国人の政治への介入を止めるべき時期である。
文科省次官に絵図を描かれて、政局を作られているようでは甘ちゃんすぎる。
都議選の結果は蓮舫民進党の将来を予測させる。
政界地図再編成こそ安倍内閣の使命と考え、
次期総選挙を早く行うべきである。
そこで安倍政権が延命しても、また総選挙は続くだろう。
総選挙を三度くらい続けるくらいの意気込みで、
二大政党を作ることが安倍政権の歴史的使命だ。
55年体制が変わる歴史的転換点最後の首相になることが、
岸信介、安倍晋太郎、安倍晋三の歴史的使命である。

2 まさかの坂はあった。

さて、安倍政権含む、権力の忖度大会社鹿島建設である。
この会社は羽田沖D滑走路に建設廃材を埋めた。
結果責任的に、産廃法違反であり、(マニフェストがないのです。あれば偽造です。)
鹿島建設は建設業免許を含み免許の必要な事業はできない。
そうでありながら、いまだに一流ゼネコンを続けている。
ところが、事実という物理法則はそういう忖度行政を維持できなくした。
まず、原町共栄クリーン鹿島建設10億円不明事件。
これは福島県警が事件化した。
現在、地面師事件含めて、内外で数件の捜査が進行中である。
南青山三丁目事件も、

この会話の中身が現在も進行しているということである。
原町共栄クリーン事件は三井環元検事の分限裁判にさえ影響を与えかねない。

3 忖度音頭を踊り続けられるか。
共謀罪を成立させ(11日あたり施行)、パレルモ条約が批准された。
8月10日から運用が始まるそうな。
連邦政府TOC制裁対象後藤忠政関連人物会社が早速にその適用第一号になる気がする。
関連企業に金を貸している、金融機関は気を付けるべきである。
バンコデルタマカオはそれで銀行辞めました。
真里谷ゴルフ場跡地に金を出した金融機関は制裁第一号かもしれない。
債権放棄すれば利益供与。債権回収すれば、正体露見。
地獄ですな。(w

この記事へのコメント