ユニバーサルエンターテイメントと訴訟、報道。

ユニバーサルエンターテイメント岡田会長はマカオで暮らしている。
その留守に、ユニバーサル社では内紛というか、
株主総会に岡田会長が出席できない異常事態が生じた。
岡田会長を取締役から降ろす議題が株主総会で提案されたそうな。
岡田会長が日本に来たと聴いて、少し驚いた。
そこまでの危険を冒して日本来る理由とは?である。
株主総会の議題を聴いて納得である。

1 三浦和義逮捕と岡田和生
ロス事件三浦和義は、実質的に、日本国内で殺人で裁かれなかった。
事件はアメリカで起きており、
ロス市警およびFBIは三浦逮捕を狙い続け、
サイパンで連邦政府司法権の網にかかった。
三浦は元妻殺害以外、別件の事件で逮捕されるはずといわれており、
そのアメリカ拘置所内での自殺の理由付けにはなる。
アメリカの司法は州、連邦政府と複雑ですが、
殺人事件は執拗に捜査を続ける事実はある。
古い事件もファイル化して、見直しているわけで、
三浦和義は忘れられない被疑者だった

岡田和生ユニバーサル社会長には岡田友生という薬剤師だった
弟がいて、ラスベガスで自殺したといわれている。
ところで、外国筋噂では、
岡田友生の死亡事件現場はロスアンゼルス。
ヘリコプターで顔の利くラスベガスに運んだという。
顔を利かせる理由を考えてみると事件ですな。

2 連邦政府は岡田刑事訴追を企画して大陪審を開いたそうな
この大陪審で訴追が決まると、特別検察官が捜査を始める。
ともかくアメリカに連れてきたい、これが連邦政府。
こうなると、安全な場所(まあ岡田さんの場合ないですが、ばくち屋だから)
すなわち連邦政府司法権の及ばないところで暮らすしかない。
それがマカオで塩田大介と同じ発想です。
フィリピンで賄賂を使うのはビジネス常識、カジノを作るには
金がかかる。
社員が莫大な裏経費を横領しがちなのも世の常。
このことで裁判になったり、報道されたり、名誉棄損訴訟
が起きたり。
こういう茶番的訴訟の先に岡田会長解任がある。
刑事事件で有罪になりそうな役員を置いていたら、
カジノ商売はできない。
それが殺人容疑だったら、真偽は不明だが、
娘も親父をクビにする。

3 フィリピンは大統領が変わり、不正が暴かれている。
アロヨ元大統領も拘束されて、プリシマ元PNP長官も過去の事情を聴かれ続けている。
これは岡田会長連邦政府に連れていかれかねない。

報道とか裁判も空気読んだり、特定の目的がある。
安部首相をたたくマスコミ、これに反撃がありそうな雰囲気。
こういう岡田さんのような世界的人物は
超政治的国際的風向きでどうなるかわからない。
トランプ大統領訴追騒ぎも聞こえなくなった。
ちからです。
フィリピンはマスコミ報道に力がある。
国民が信じていて、そのマスコミ権力が国民を守っている。
日本マスコミを国民が信じなくなった時がくるでしょう。
マーケティング理論で、マスコミ支持率がある数字を割ると、
その商品価値はなくなるそうです。

岡田さん疑惑がやばい内容になってきている。
どうように後藤さんもカンボジアにはいないという噂。
ではどこで何をしているのでしょう。
RIMG0141.JPG
お二人とも連邦政府の
WANTED


この記事へのコメント