緊急速報・積水ハウス63億円被害。

積水ハウスIR
分譲マンション用地の購入に関する取引事故につきまして
https://www.sekisuihouse.co.jp/company/topics/datail/__icsFiles/afieldfile/2017/08/02/20170802.pdf
CCF20170802.jpg
公表されていないことがあり、
そして捜査があれば余計なことは問題。
積水ハウスが63億円の地面師犯罪被害にあったと公表した。
上場企業として責務を果たしたことに敬意を表する。

   海喜館登記事項
海喜館 解除.pdf
CCF20170802_0001.jpg

   積水IR説明
取引日は、4月24日。その日に契約したということでしょう。
決済日は、6月1日。この日に残金払い所有権移転登記を入れた。
ところが、6月9日に却下。

ここで、積水ハウスはIKUTAから物件を買ったことになる。
(ただ元地主女性から直接所有権移転登記をした可能性もある。)
東京アウトローズ報道が速かったが、
それは6月21日。
すでに63億円はパクられたあと。
ここで当時の所有権登記名義人は入院中との情報があり、
IKUTAの所有権移転仮登記であるが、
古い印鑑証明書でも承諾書登記ならできる。
ただ、積水への所有権移転申請には、
①元地主女性の印鑑証明(三月以内のもの)
②いわゆる権利書(登記識別情報本件の場合古い形式の登記済み)
③委任状(これは登記制度上重要でして大きい意味がある。)
これらが必要ですが、
積水の司法書士が騙されるくらい、上記何処かが巧妙に偽造されていた。
立ち合いの方法など捜査上の問題があるでしょう。

ただ、東京アウトローズの取材能力には感心するしかない。

1 さて、パクられた預手はどう換金されたか。
池袋の専門業者当たりなら、今は分からんですが
一社三億が限度。??
まあ10億円は換金されたでしょう。
あとは海外で国際通貨として流通させられている。
TOC犯罪です。
パレルモ条約8月10日発効。
その後の預手流通は後藤組関与なら連邦財務省が追うでしょう。
共謀罪成立していてよかったですな。
これほど早くに現実犯罪が起きてくれるとは。

2 当ブログに来る情報
RIMG0139.JPG
RIMG0141.JPG
RIMG0149.jpg
お隣さん迷惑.jpg

過去記事を読んでいただければ、
この南平台事件が重要と感じた理由をご理解いただけると思う。
ただ、わたしの取材を受け付けるものもいないし、
積水に実害あれば刑事警察が動くと思っていた。


共謀罪や連邦政府のTOC犯罪者認定の重要性を
書いていたネット誌さえ少ない。
20131214_308094_t.jpgfef83a1c.jpgcc36c830.png45863200.jpg1dea10dc.png

皆さんこういうのが、論より証拠(事実)というのです。







この記事へのコメント