真珠宮ビル事件後の変化。他分野への進出。

真珠宮ビル地上げは、基本的にヤクザ事件でありました。
同時に「東京商銀事件」など、ほかの経済事件とも絡み合いがあり、
この真珠宮ビルに後藤忠政本人が当事者として出てこないと、
収まらない側面があった。
「赤富士」と「菱和ライフ西岡」という二大スター(ギャング)
が注目され事件化されたわけで、
まず、原本不実記載事件だけで捜査が進められたのは、
そういう誘導がされていたわけです。
奇しくも、その当時の東京地検担当公安部長が若狭勝弁護士。
この事件後に、検察をやめて、日興コーディアル吉岡の
インサイダー事件弁護人になった。
同時期に検察を暴行事件でやめたT弁護士もソシアルビル王
丸源脱税事件の弁護人として登場。
(丸源川本社長は巨額報酬に驚愕したという。)
外資と組んで仕事をしていた、横浜のK金融と富士薬品銀行から
100億のファンドを与えられ、地上屋業をしていた日建が
大森記念病院争奪戦で、
日建が破産法違反で逮捕され、
この大森記念病院は横浜金融業Kが、日建を逮捕させて、
勝利しましたが、日建大森記念病院事件刑事事件では、
次に誰が事件化されるか、検事冒頭陳述を聞いていればわかる
ありさま。
さらに、横浜の金融業K事件(同時に吉岡事件)を傍聴して、
高橋利久、榊原、広島の前田と検事が名前を読み上げていた。
マスコミは日興コーディアル吉岡の無罪弁護に群がりましたが、
金融業Kは若狭弁護人事件指導で執行猶予戦術に変更。
こういうことが、
次にマンハッタンインベストメント松尾デート商法事件
騒ぎになるのが関係している。
理由は日興コーディアル吉岡の事実上の弁護人は
蓮見和也弁護士だったからです。
蓮見和也弁護士はブルーエコノミーの弁護士でもあり、
いま南青山三丁目で陰の主役となっている、
横浜金融Kから金を引いた榊原のパートナーだった。
このような、事件師業界上部構造があれば同時に下部構造もある。
Once Upon a Time in America」ならぬ、
東京のバブル狂騒経済時代でした。
「東京商銀事件」と「KSD事件・村上正邦事件」がリンクするとは
誰も思わない。
刑事事件は輪切りにしないと事件化できないので仕方ないですが、
KSD事件の逮捕者の一人が、埼玉入間で農地の開発許可で、
ふたたび利権漁りをしている。
上手くいっていないようですが、二匹目のドジョウを狙って、
開発行為逃れを狙っても、行政もそういうことに気づき始め、
静岡伊豆の県会議員を入間で担いでもうまくゆかない。
真珠宮ビル事件は多くの分野に大きな影響を与えている事件です。

こういう経済行為規制の一つの方法が暴対法です。
これもアメリカのマフィア規正法の導入ともいえる。
判例法のアメリカ法を大陸的日本法の後進システムにいれると、
「二項詐欺」拡大解釈になる。
これも、銀行や証券の取引契約内容化されつつあり
ある意味いいことであります。
警察が経済を牛耳るようでは国が衰退する。
だが、日興コーディアル事件やライブドア事件を見ていると、
株屋さんの世界があまりに犯罪的で、
しばらく警察の経済支配が続くでしょう。

1 デート商法をつぶす立法。
デート商法を狙っているわけでなく、
民法の解釈論で消費者を保護しようという動きがある。
消費者庁が、正常な判断ができそうもない状況での
金銭消費貸借を「法律行為」論で解除できるように、
法律改正案もしくは立法案を作っているらしい。
これは、先進的法律行為解釈論で、
客観的な法律行為の解釈論を考えている民法学者の議論が
そこにあるらしい。
つまり、合理的にどういう遺言を公正証書でするか
という議論と同じです。
社会常識に反する、公正証書遺言があり、
それに公証人が絡んでいるから、
形式論ではその遺言に瑕疵はない。
だが、中身はあまりに常識から外れている。
遺言者は死んでいるから真意を聞けない。
それに死ぬ直前はボケと家族の威圧もありうるので、
あやしさ満載。
こういう時、遺言意思表示の客観的解釈論というのがある。
どうようにデート商法でたぶらかされている人に
合理的判断ができるはずなく、
それを後から気付いて、そういうつもりはなかったという
法的主張を支えるのが意思表示客観解釈論。
それを行政が支える動きがあること自体、
まったく素晴らしいことでして、
そういう動きに敏感な裁判所で、S銀行が
デート商法被害者に敗訴することさえあると期待する。
こういう立法の動きをS銀行が気づけば、
デート商法業界に金を出さない。
すると、ワンルームマンション屋が第二の貸金業業界になる。
そういう気がスルガというわけです。
スルガです、みなさんスルガだけ。(w

2 過払い訴訟で社会を変えた弁護士。
元日弁連会長U先生、釧路のK先生、東京のゴマちゃん先生
この人たちの弁護士活動で最高裁大法廷判決三回で貸金業法制が変わった。
行政が後を追い、消費者の10兆円が貸金業業界から動いた。
そういう過払い訴訟で小銭を稼ぐ弁護士書士もいる。
弁護士が世の中かえたわけです。それに悪乗りする奴もいる。
武富士の社員が過払い訴訟弁護士事務所所員になった。
弁護士会にダミーの事務長届をしているものいる。
関東連合員および周辺者弁護士税理士司法書士もいる。
弁護士会の自治が本来の機能を失い。利権化していますが、
その改革を叫ぶ者の中にヤクザがいておかしくない。
マッチポンプはどこにでもいる。
そういうことを報道してくれるはずのマスコミが
そういう業界人の連絡係になる。
ヤクザの組長も紹介してくる。

3 消費者庁法制は銀行業界でワンルーム融資にのめりこんだ銀行を
  銀行業界から排除することになる気がスルガ。
金融庁や裁判所、それより銀行業界が浄化能力もないし、
その気もない。
ですから、消費者訴訟で金銭消費貸借時の錯誤か、
意思表示形成過程の異常を主張して、その立証責任が
事実上銀行側に転換されたら、巨額融資が無効になり、
どでかい金融資産が消費者に戻る。
それは銀行が倒産する日です。
及川幹雄みずほ銀行行員詐欺事件がどういう将来的影響を与えるか
みずほ銀行自体気づいていない。
現在高裁でみずほ銀行被告事件が差し戻されて審理中とか。
傍聴する気もないですが、原告側が主張事実を立証できるか。
みずほ銀行民事事件がどうなろうと、わたくしに責任は一切なく、
ましてや恐喝などあったにせよ、関係は一切ない。
それより、及川幹雄と真珠宮ビル、スルガとの関係のほうが
関心ある。

敬天新聞デート商法糾弾報道が実は
元日弁連会長らの獲得した最高裁判決同様の
社会的影響と社会改革に貢献しているかもしれない。
どういう報道であろうがそこに報道の本当の価値がある。

4 小さな競売事件の大きい意味。
永楽町のマンション一棟の不動産任意競売事件が
執行停止になり数年。
風のたよりに、当該物件の商工ファンド抵当権での
競売申立事件であるが、
なんと、横浜地方裁判所が申し立てを「取消」
という結論をだされたらしい。
前代未聞空前絶後ともいうべき。取り下げでもない。
抵当権など付いたまま、仲間内物件転がし。
麻薬で内偵されていたりどうしても、物件を第三者に渡せないんでしょうね。
こういうこまかいことのようで、
大きい変化を感じる。高知東生逮捕と関係あるのか。
むしろ、SFCG大島健伸の競売申し立てが取り消される、
そういう事態は、裁判所が大島を取り扱い対象にしないということで、
また、通常の司法の民事執行力ではこの物件を処理できない。
当事者間の暴力とか別次元の力ということでしか解決できない
事象があると、社会に知らしめたことが大きい成果です。
もっとも深刻な犯罪がここにあるわけです。

DVC00038.JPG

5 真珠宮ビルは後藤組の小さい事件。でかいのはまだある。
そういう事件のなかにゼネコン恐喝がある。
それはヤクザ業界という業界全体の仕事かもしれない。
連邦政府が
CCF20170816.jpg

mv7_bor.jpg

こういうお触書をだしている。
こういう業界と手を切れない銀行が、
アメリカ中心の銀行業界から手を切られたら、
みずほ銀行も即倒産という気がスルガ。

08.jpg
(7500マン支払ったとか。だれに利益供与したんでしょう。)
(ガット船に9000万、田中さんいい仕事している。)

まじに、そうなると思う。
P1000254 (1).jpg
5b873e6c-s.jpg

茄子が食えるか騒いでいる場合でしょうか。

この記事へのコメント