静岡のテレビ。

神戸長田で銃撃事件。
静岡あたりでは、三台の車列をふさぐように車がぶつかり、
銃撃事件があったとほぼテレビで実況中継であった。
任侠山口組拠点事務所近くなので、事件の予感があったのかもしれない。
任侠山口組織田代表に圧力をかける目的があったと考える。
優柔不断の極道などいない。
言われれば言い返す。撃てるのかといわれたら、撃つ。
使用者責任など考えながら長田でヤクザはできない。

1 神戸山口組井上氏が京都府警に呼ばれた。
兵庫県警、京都府警と二項詐欺容疑をきっかけに呼ばれて、
処分保留。
2か月にわたり何を話していたのかとも思う。

2 ヤクザ社会のテーマはやはり山口組
山口組に名古屋と神戸があるのはなぜか。
司忍氏と井上邦雄氏がいるからである。
両者が引退ということにでもなれば、山口組は七代目の時代になる。
状況は山一戦争後に渡辺氏が五代目になった時に似ている。

3 山口組一本化への期待
元顧問弁護士といわれた方も、分裂状態に懸念を持たれている。
現実に存在する力の勢力があるかぎり、その制御というテーマがある。

4 暴対法の限界。
二項詐欺で何でもできるという風潮はリンチ許容の社会である。

5 任侠山口組。
任侠山口組という、オレオレ集団であるが、一つ間違えば
関西連合でしかない。
ヤルヤル詐欺集団になりかねない。

6 隠れた複数の事件がきっかけになる。
ある意味、南青山三丁目地上げが事件になり、URの動向が
重大な意味を持つ事態・現実がある。
URが買戻しをすれば大損害が発生して、いろいろ波及する。
URが何もせねば、政治がおかしくなる。
こういうことが表面化されてしかるべきであるが、
同時に地上げ屋の経済抗争をコントロールできない状況があり、
人殺しがセットの地上げしかできなくなっている。
南平台の鳥居大路邸地上げ事件は典型であろう。
笠井浩二弁護士名で神奈川葛原の残土埋め場予定地地権者に
土地の買取を申し出でているものがいる。
笠井浩二弁護士は日本棋院棋士。
笠井弁護士は中央大学真法会で研鑽された先生。
飯田秀人(死亡)とともに東天紅事件で行き詰まった。
弁護士会会費が払えず、いま新宿の京信綜合法律事務所に所属。
(名義貸しともいわれる。)
この神奈川藤沢葛原の残土処分場詐欺事件が、
神戸長田の銃撃事件にまで関連するか。
山口組と稲川会の八王子戦争には関係あるでしょう。
それなら関係あるともいえる。
真里谷カントリー開発頓挫地に湘南信金が金を入れているそうな。
それなら、神奈川藤沢葛原にも入れておかしくない。
理由は事業者が共通するからだ。

この記事へのコメント