同情するなら金をだせ。

河野外務大臣がミャンマー訪問をするようです。
ロヒンギャ問題をスーチーと語るでしょう。

1 ロヒンギャ問題は存在しない。
ミャンマーにロヒンギャ問題はないと公式にミャンマー政府は言明する。
カナダの首相がスーチーにロヒンギャを語っても、スーチーは無言でした。
ミャンマーでロヒンギャ問題はないのです。

2 古いロヒンギャと新しいロヒンギャ。
古いロヒンギャというのは植民地時代にイギリスが連れてきた
イスラムの暴力装置です。
これはいまミャンマーパスポートを持っている。
インド系のミャンマー人もいて、イギリスが連れてきた。
ハッキリ言って、ミャンマー人は嫌っています。
新しいロヒンギャは、近年、西から歩いてやってくるイスラム教徒です。
勝手に入ってきて、集落を作る。
イラン人はアウトカーストイスラムといいます。
カーストはペルシャの思想です。
いまバンコクにもたくさんいる。
こういう現実があって、ミャンマー的に言うと、カナダの首相の言うロヒンギャ問題はない。
こういうことだと思う。

3 ロヒンギャとバングラデシュ国境問題は植民地政策の遺産。
ミャンマーは国境問題も抱えている。それは相手も同じでしょう。
バングラデシュとの間に、三つ島があって、いまアメリカが使っている。

4 ミャンマーにロヒンギャ問題を言ってもそれは存在しない話。
スーチーの外交顧問のイスラム教徒弁護士がヤンゴン空港で
インドネシアから帰ってきたとき殺された。
そういうことは、ほとんど問題になっていない。
マレーイスラムに国粋主義あれば、ミャンマー仏教徒にも国粋主義がある。

5 英米もロヒンギャ問題を言うと、お前が言うなとなる。
そういうことであります。

6 同情するなら金を出せ。
そこで日本がゆく。
まあ、関わらないで、手土産持って行くほうがいいのです。

7 シャブの話。
オーストラリアでAFP(連邦警察)の覚せい剤水際阻止作戦が成功した。
シャブはカンボジアプノンペンで夜になると売人が路上に並ぶ。
マレーシアでもそうです。
タイでも同じ。
カンボジアの港周辺は中国人が土地を買いあさっている。
オーストラリアは広いので、シャブが国内に入ると、追跡が難しい。
移動するのに、片道6時間がかかったりする。
そこで水際作戦がとられる。
いま、アジアで問題なのがチャイナシャブです。
それをいじる日本人も多いですな。

河野大臣何しに行くか知りませんが、頑張ってもらいたい。

この記事へのコメント

  • ミャンマーの工作員

    何の根拠もなくロヒンギャ族についてデタラメな事を書かないでください。
    もしかしてあなたはミャンマー政府公認工作員ですか?

    2017年12月27日 02:29
  • MS

    ヘ~~~~~
    政府公認されちゃったんですか。
    2017年12月29日 01:55