過去の出来事が、今の妄想。

青瓦台事件、アウンサン廟爆破事件。
1968年青瓦台事件。(金日成の命令で北朝鮮特殊部隊31名が朴大統領を狙う)
青瓦台事件.jpg

当時はアメリカ・ジョンソン大統領時代であり、
ベトナム戦争中でした。
そういうわけで、朴大統領の北進反攻計画はとん挫。

1979年朴大統領は自らの警護隊長に殺された。

1983年ラングーン事件が起きた。
myanmar030.jpg


1986年マルコス大統領失脚。
Ferdinand_Marcos.JPEG.jpg

1987年大韓航空爆破事件。
220px-Korean_Air_Lines_Boeing_707_Fitzgerald.jpg

ソウルオリンピックが1988年

それまでの南北朝鮮関係は北側は朴大統領を狙い、
オリンピックを控えて、全トカンのラングーン訪問で、
北朝鮮部隊が暗殺を試みる。
(不思議なことに全トカンは爆破3分後に到着、死んだのは南朝鮮ミャンマーの
旧体制官僚であった。北朝鮮工作部隊が当時のヤンゴンで活動できること自体が
不思議)

1990年ごろパナマノエリガ体制崩壊。

1 斬首作戦は北朝鮮が始めた。
〇北朝鮮は一貫して南朝鮮を回復することを国是としている。
〇アジア国家のトップはある方向性で交代させられている。
〇ベトナム戦争がそういう情勢変化のバックグラウンドである。

2 今、どうでしょうか。
〇 蝋燭革命で南朝鮮体制が変わった。
〇 北朝鮮の首領も変わった。

北朝鮮首領を殺せという声が公然のものになっている。
アメリカはアフガニスタンで動きが取れない。

3 いろいろあるけど、本質は変わっていない。
エルサレムに米大使館を移動するとお話しするだけで中東情勢が激動。
結局、英仏の分割協定で分裂したアラブ世界が同じように操作されている。
アメリカの中東への影響力減退が言われているが、
イランやサウジアラビアの変化はそういう影響力の減退というより、
影響力行使の方法論が変わっただけという事では。

4 南朝鮮の文在寅を選んだのは誰か。
南朝鮮は北朝鮮があるから必要でありまして、
北が変われば南は変わらざるを得ない。
北を変えるには南が邪魔かもしれない。
南が変わるとき、南の住人が関与して変えれば、文句が出ない。
そこでローソクで体制を変えさせ、
次に、経済的締め付けで国家破産をさせると、
破産管財人ができる。

ともかく南朝鮮レジュームチェンジは世界の既定方針である。

こう考えると、文在寅という稀代のノー天気が大統領になるわけがわかる。
g.jpgsg05.jpg

ダウンロード (17).jpg5f2d9645.jpge38add45.jpg

金正男は、無警戒にKLIAのLCC用空港でエアアジアの自動チェックイン機を
操作していた。クアラルンプルからマカオへの直行便はエアアジアしかない。

青瓦台を襲撃する部隊が1968年にはいた。
いまは、38度線で脱北兵士がでる。
基本的情勢は変化なけれど、
金将軍の兄は安心しきって殺され、外貨稼ぎの主役がいなくなる。

さてアウンサン廟爆破事件が30年以上前。

河野外務大臣がミャンマーを訪問するとか。
スーチーと会うらしい。

ダウンロードg.jpg

U2のボノにとってスーチーは宣伝商材です。
スーチーはカナダの首相がロヒンギャについて語った時無言でした。
スーチーはU2の宣伝商材でなく、今はミャンマーの王です。
ミャンマーにはロヒンギャがいますが、そのロヒンギャは
世界のマスコミで報道されているロヒンギャでないと、
ミャンマー国民は全員思っているでしょう。
ですから、ミャンマーの王であるスーチーはU2ボノやカナダ首相と
会話はしない。

そうなると、世界は困るわけです。
ロヒンギャ問題は世界中に類似問題があるが、報道されない虐殺は
結局存在しない。報道されれば慰安婦があったことになる。
忖度音頭も踊り放題。

ミャンマーにロヒンギャを語らせるには、
お馴染み、くれるなら貰いましょう方式で、
ついでにロヒンギャを語らせるしかない。

ミャンマーの王がロヒンギャを語れば、その問題があることにはなる。
ミャンマー式で解決する方針が出ればいい。
これがロヒンギャ解決第一歩。

河野大臣がバングラ訪問で金を使う、
ミャンマー訪問で金を使う。まあ金で済むなら安いです。
だが節約も大事。
外務大臣専用機など必要なし。
金正男もエアアジアで移動したし。

麻生財務大臣が銀座で金を使っていると騒ぐ人がいる。
麻生さんは身銭で飲める人です。
金持ちに嫉妬してはいけない。羨ましいですが。
麻生さん銀座で使っている店は変えたほうがいい。情報が漏れている。

50年たつと、31名の暗殺特攻隊は出なくなるのでしょうか。

同じだと思いますが、
まあ流血は少ないほうがいい。

内外呼応して、一人が死ぬだけでハッピーになるといいと、妄想する。

この記事へのコメント