タクシンBrother & Sister.

2011年8月、現「立憲民主党」党首枝野は内閣官房長官(首相は菅)だった。
こいつが、タクシン・チナワットにビザを出した。
ビザはパスポートがあること前提で、(パスポートなき者もいる。例スタルヒン、曙)
タクシンは当時モンテネグロのパスポートを持っていた。
タクシンはタイの総理大臣だった。
当時、かれはタイのパスポートは持っていなかった。
タクシンは日本で国際外交をして、その後カンボジアにわたった。
そこで当時のタイ首相インラックと会い、カンボジア・フンセン首相と会い、
その後ドバイに行ったといわれている。
ところで、フンセンはカンボジア人であるが、カマイ(クメール)ではなく、
チャム族(イスラム)と言われている。
クメール・ルージュの内戦虐殺を巧みに泳ぎ、ベトナムにいた。
現在カンボジア首相だが、その背景は中国だという。
東南アジアでカンボジアは仏教国とされているが、
多くのイスラム教徒が海岸線やメコン流域にいる。
それらイスラム人は特段過激という事はなく
クメール・ルージュには大被害を受けたという。
人口の7割くらいが殺されたとか。
タイにもイスラム教徒は多い。
バンコク・スワナブミ国際空港はタクシンが造ったものだが、
その建設費がタクシンの懐に半分以上はいったとタイでは言われている。
スワナブミ国際空港は数年前のメコン氾濫で水浸しになり、
ドンムアン国際空港がその代役をした。
その時の首相がインラック@タクシン妹である。
スワナブミ地区は低地でイスラム教徒の居住地区。
おおくのモスクがある。
タクシンもタイ南部イスラム教徒地域出身で、
タイ国王と同一の仏教儀式をうけたが、中国系モン族(海のモン族)でもあり、
幼少期にはモスクに通ったろう。
そういうところはオバマに似ている。
(オバマの育ったインドネシアにキリスト教会はあっただろうか。)

1 赤シャツと黄色シャツ。
黄色はタイ王室の色。赤シャツ隊はタクシンの私兵である。
タクシンは2011年9月頃ドバイでタイ一般旅券を貰ったらしい。
インラックは、2011年以降タイ政界を牛耳っていたが、2014年
コメ買い上げ不正で訴追され、軍事クーデターもあり、失脚、
長く裁判闘争をしていた。
タクシン兄も脱税や不正取引で訴追され、有罪が確定している。
インラックも昨年夏ころタイ最高裁判決で10年とも5年ともいわれているが、
有罪判決が出たとか。
タクシン兄の不正取引容疑の中心がタイ携帯電話会社をブルネイの王子ジェフリ殿下に
売却し2000億の利益を得たというものである。
このブルネイの会社から5億の送金をテマセク経由で受けたのが、
ヤクザ天野組フロントであり、その表面上の名義人が田邊勝己弁護士である。

2 インラックはいまどこに。
イギリスにいるらしい。国外逃亡ですね。
「富貴の者は市では死なず」わかりやすい制度で必ずしも悪くないかもです。
タクシンは今どこにいるでしょうか。
日本にいてもおかしくない。
多分英国あたりでしょう。(ダーダ・イブラヒムとお茶をしていると思う。)

3 椿康男元弁護士はタイに十年滞在した。
そこそこの住宅地に10年普通に暮らし、整形もしていない。
スピッツを飼う自適の生活。羨ましいものでした。
それが一昨年あたりいきなりバンコクで逮捕。猫組長もバンコクで逮捕。

なにか国際的変動が起きている雰囲気です。
東京マネーモンキー@バンコクが言うように
共通要素はチャイナシャブです。(一部私見も含む)
プノンペンの夜は売人の夜です。
カンボジアの港は中国人に土地を地上げされている。

タイの王を名前で呼ぶことはしない。上御一人であるから。
同様に天皇をお名前でお呼びすることを日本人はしない、できない、文法にない。
だが、韓国訪問賛成が7割という。そういう憲法違反世論調査を誰がしたか。
KBS放送だそうな。朝日新聞かと思った。

タクシンはタイ仏教界を乗っ取り国も乗っ取ろうとした。
タイ国体護持がそれを防いだ。

参考資料
(甲区5番田邊勝己、7番テマセク子会社 乙区7番付記1号天野組組長)
ダウンロードj.jpgimg_0 (4).jpgダウンロードt.jpg

この記事へのコメント