裁判所記者クラブで記者会見

週刊報道サイトが編集主幹をかえて再スタートした。
それが2012年です。
元は週刊報道特集でありまして、高山佳夫氏が発行人だった。
同紙のつかうサーバー室は同じでありまして、出版は編集が命ですから
サーバーが同じでも中身が違う。
週刊報道サイトは登記している会社ですから、登記を検索したり、
過去記事を読めばその資本関係人間関係は忖度できる。
そういう忖度が、強い思いに変わると妄想といわれる。
それしか考えられない理論というのもあるようです。
だが、裁判所記者クラブをつかって公報できる週刊報道サイトにいかなる応援者がいるかと
いう忖度は当然でしょう。
みずほ被害者集団訴訟をする。
詩ね朝日新聞を訴える。
まことに凄い行動力です。
とうぜん、当ブログも取材します。逆に郷里の先輩あつかいされて、郷里は一致するから
しかたない。

1 みずほ銀行(主に第一勧銀、富士銀行元課長も某政治事務所で見た。)

これは、総会屋小池隆一事件、TSK,右翼、など多くの政治的経済事件で話題となった。
そのなかに麹町支店税理士事件というのが昭和から平成にかけてありまして、
その被害者数名から相談を受けていた。
その被害者の一人は、有名ネット情報誌の名刺も複数持っていました。
その某税理士事件はいわば「裏口入学詐欺」のようなことで、
構造的にみずほ銀行及川事件に似ている。
銀行を舞台に、及川氏が闇金融していた。
被害者は、特にあり得ない有利な利益をもとめた。
こういうことです。
それの刑事的違法性を放置したら出資金詐欺はみな合法です。
ですから、この及川幹雄事件は捲って当然です。
ところが捲ろうとするものに都合のいい捲れ方はしない。

2 及川刑事事件で裁判官が被告人に質問する。

裁判官が平本一方氏について被告人に聴くという事はある。
国際管財についても。
どうように、20億円の事実を及川に確認していた。
判決前に20億の被害の確認を裁判官がして当たり前です。
理由は、その被害詳細が記録にないからでしょう。
記録にないのは被害者J氏が沈黙しているからでしょう。
20億円の被害を沈黙する理由こそ事件かもしれない。
これは妄想でなく合理的忖度です。

3 ところで朝日新聞。

朝日新聞は週刊報道サイトに訴えられている。その訴訟は続くのでしょうか。
また、最近朝日新聞が一個人を訴えている。
大言論がネット呟きを裁判所を利用して叩く。
まあ、ここで朝日新聞のポジションが変わった。

朝日新聞は戦前から日本の世論を形成することが社会的役割。
戦争を促進したのは朝日新聞です。
戦後も、中身を読んで、その言論を有難がった人たちを、
誘導する側で朝日新聞を使った勢力もある。

そういう時代の終了を告げたのがモリカケ報道です。
安倍長期政権を嫌う、財務省、自民党内部とその外部応援団、とくに南北チョソン関係
が、第4の権力を使った。
だが国政選挙で連敗するし、緑の狸も引きづり降ろされる雰囲気。

4 週刊報道サイトのうらに、記者クラブ会員がいる。

記者クラブを使えるのはそういう事。
そして、見返りに記事です。
朝日も産経も記事書いて、第4権力行使で生きている
末端記者がいる。
そういうことでは。



    この記事へのコメント