勝負が付いた話。

朝日・毎日共催の将棋名人戦。
これは「将棋指し」のダンベが新聞という事である。
明治時代の新聞には連珠」(五目並べの一種)も載せられており、
囲碁は中国発祥のゲームだが、「互先・コミだし」というルールを作って
日本碁方が完成。
現在世界で行われている囲碁は中国ルールではない。
囲碁の世界進出は、呉清源・趙治勲が日本棋院に来た時に始まり、
趙治勲に至っては、兄弟子加藤におねしょの始末さえしてもらった。
もちろん衣食住教育を与えたのは木谷實先生である。
文在寅は知ってか知らずか。
囲碁は大倉財閥というダンベと新聞が支え、歴史的にも、
囲碁のプロは「棋士」という侍の一種とされる。
だが将棋のプロは、本因坊家から扶持を貰う市井の人で、
「将棋指し」は「棋士」ではない。
棋/碁/棊   
これらは同義である。碁の石が、木の時代もあった。

1 将棋名人戦A級順位戦最終大局が静岡の旅館で一斉に行われた。

この企画はニコ生とドワンゴでネット配信された。
ネット配信業者の一つはエロ番組を止めたそうである。
将棋の中継でアクセスが殺到しているようで、
ビジネス的にオイシイということです。
エロはもういらない。
将棋で喰える、そのうち囲碁も来る。
エロはFRIDAYや報道サイトに任せる。

将棋連盟は、仕事が増える。
つまり、歯抜けの爺も広告がもらえる。

昔の天才、群馬のテンテーも才能は将棋だけでないとわかった。
(将棋漫談も可愛い女子将棋指しをいじりながら根暗フアンに受けている)

将棋名人戦を盛り上げるには金が要る。
旅館借り切って最終戦大会。
そこで歴史的プレーオフ。
またドワンゴ・ニコ生が大儲けです。
ウインウインなり続いている。
その経費がドワンゴででれば、名人戦が盛り上がり、
収益増大である。

この先、名人戦の契約切れたら、
叡王戦と名人戦統合があっておかしくない。
それは、ネットメディアが新聞を凌駕したという事で、
朝日新聞もモリカケ忖度報道を続ける媒体として残る。
ネット配信業者が力をつければ、
次は電波となる。
いまは双方向のテレビ送受信も可能でしょう。
新聞代、NHK代金、ネット代金、電話代合わせていくらでしょうか。
みんなまとめてぽっきり5千円となればNHKもどうなるやら。

ガンガレ・ニコ生ドワンゴ。

2 因縁の対戦。

将棋は一撃必殺、ボクシングのようなゲーム。
車夫馬丁のゲームです。
そういう勝負の世界で遺恨があると外野が面白い。
今回の名人戦A級順位戦で、A級に残ったのがグンマーの三浦九段。
テンテーの後輩らしい。
そして陥落したのが渡邊天才少年九段。
将棋の渡辺君が三浦君をスマホで詰みを探っていると告発。
三浦九段は順位戦も出られなくなった。
こういう背景に、ネット配信を積極的に進めていた、
三浦九段をおもろく思わない新聞屋もいたという。
こういうのは覇権抗争にはあるもので、
そそのかされる奴と嵌められる奴がいるものです。

その将棋連盟も、さすがに二歩を打つような反則に気づいて
顧問を招いて、グンマをなだめて、事態を収束した。
すると名古屋から藤井総太君が現れ将棋やったことない者含めて
将棋大人気。
将棋はエグイゲームだからやらないほうがいいです。
性格は悪くなる。
だが、天野宗歩以来の天才は性格悪くなるまえに、性格悪いのはなぎ倒した。
(性格がいいと、師匠のようにくすぶる)

だが将棋フアンは、なんせミーでハーですから、
結果見ないと判断できないチョソンみたいなもの。

その結果がでました。
三浦九段vs渡邊九段。グンマと荒川葛飾の戦い。
最終局、因縁の対決はグンマの勝ち。
そして将棋の渡辺君はB1組に陥落。
これで格の差がついたというか、
三浦が格の差をつけた。スマホで将棋の勉強して来いという事。


渡辺君は時期、B1組でハッシーと一緒になるか、それともA,Bと泣き別れか。
禿さえもネタにして儲ける将棋連盟とドワンゴ恐るべし。


将棋界とは将棋指しに飯を食わせるものが一番偉い。
競馬などにうつつを抜かしている奴が勝ち残れない。


この記事へのコメント