内田マイクさん帰国か。

モリカケ報道で、財務省上席官が自殺。
佐川長官が辞任。
朝日新聞に内部情報をリークして、その内部情報文書がA1、A2と
作られていた、、、、、、。
これは、第4権力と財務省がつるんで政局を作ろうとしたという事でしょうか。
歴史は繰り返す。
関東軍と朝日新聞がつるんで戦争に突き進んだという歴史であります。
昔陸軍、今総評。
昔陸軍、今財務省。
財務省は増税をして、日銀政策を変更しようとしている。
その日銀政策変更の意図は銀行救済です。
こういうのが捲れてくるのがおもろいです。
森友学園で籠池が詐欺で起訴された。
財務省文書が書き換えられていたら、その捜査の基本である、
要件事実が違うかもしれない。要件事実が同じかもしれない。
私見によると詐欺はあるでしょう。
共犯者が増えるということもある。
それは朝日新聞と財務省かもしれない。
ネットマスコミかもしれない。

ナスカキャベツカ回し下痢。ぽつりぬスキン汚染あれども
安易な合唱は危険であります。

ともかく、自民党政権内部と官僚機構になにかおかしい人士がいる。
日銀総裁が白から黒に変わったが、なかみは真っ黒クロスケ(大阪北野高校)から、
普通の総裁になっただけかも。

1 内田マイクさん帰国の噂。
高裁で刑事事件があるのに、内田さんは外国に行ったのでしょうか。
外国に行ったとすれば、それは高裁で裁判期日が入っているはずですが
その期日前に外国に行って、期日には間に合うように帰ってきたのでしょうか。
それとも一回期日をすっ飛ばしたのでしょうか。
さらに、パスポートは変造でしょうか、本人のパスポートで外国に行ったのでしょうか。
パスポートは表面を偽造しても、各国がデータを共有しているから、
出入国の時に、イミグレの内部データと比較する。
変造は可能ですが、少し手間がかかるでしょう。
内田さんの日本パスポートで彼が日本からでたとすれば、
相当にズルムケです。
まあ、顔認証の技術があるから、タイに入っても、マニラに入っても、
見つかることは簡単。
それでも見立眞一の例がある。金がある限り逃亡は可能でしょうとも思う。
ただ、口封じで殺されることはある。

2 日本に帰って頻繁に面談しているとか。
ともかく、海喜館事件とか新橋4丁目事件で噂はある。
これだけでも立件されれば大変ですが、
さらに行方不明事件でも噂があり、
ゼネコンとも仕事をしていたかも。
そういうことで、打ち合わせは必要でしょう。
バンコクでゼネコンと談合していたら面白い。
保釈逃亡したらしいもう一人、秋葉紘子はどうなったのでしょう。

3 地面師手口は洗練されていて、100%嘘で固める。
埼玉談合事件とか森友財務省文書とかといっしょかもしれない。
弁護士が偽造するのはまず事件の組み立てです。
ここからやって部分品を偽造証拠で埋める。
こういうのが斑ボケで露見したりする。
同じ手口を繰り返せば、三度目くらいには丸わかりになる。

捜査はさらに注目すべしです。

この記事へのコメント