杉井プロジェクト。

元大蔵官僚杉井孝は「ノーパンしゃぶしゃぶ」事件で大蔵省を辞めた。
そして杉井孝弁護士法人を設立。
接待魔王といわれた大蔵省4人組の大魔王である。
中島義雄、田谷廣明、長野厖士の上を行く杉井孝接待大魔王。
これら4名は司法試験合格者でもある。東大卒。
田谷は弁護士登録すれば自分は懲戒されると自己を知る人物。
上場サラ金オーナーから200億回してもらい不動産投資をしたが、
挫折したようだ。(等々力渓谷あたりを買っていた。売った奴は今行方不明)
東京税関長。EIE高橋治則の盟友。
中島はセーラー万年筆に天下り、小沢一郎とともに表舞台から消えた。
長野は弁護士として証券業界で生きているそうな。

「五えんや」は焼き鳥屋のオヤジ。北海道出身。
北海道拓殖銀行から3000億円以上引いて、今はどこにいるかわからない。
その中岡(垣端)から毎日会議費を受け取っていたのが田谷・中島であり、
しばしば長野も参加。
「五えんや」中岡の背後は五代目。
同様に
当時、親和銀行頭取辻田が背任で捕まり、大阪刑務所で服役中に脳溢血で死亡。
その親和銀行を喰ったのが暴力団だ。そのツールが宝飾会社エフアールであり、宝山。
この辻田が女との同欣の写真を撮られてその処理を暴力団に依頼。
鴨葱という。
佐世保サン悪人、組合長、親和銀行辻田、そして料亭のオヤジ。
その社会構造は北海道拓殖銀行と同じ。
佐世保は軍港である。佐世保の銀行の命名が米内光政にされたわけだ。
親和とはだれと親和するかであるが。
佐世保に悪人いれば、長崎にはさらにいる。
元参議院銀とか多士済々。
長崎市長がテロにあうには理由がある。

大蔵省接待事件は処理が終わっていない。
中山恭子議員ももともと大蔵省官房であり、まあ接待していたんでしょう。
いま自民党を離れる理由は奈辺にあったのか。

1 武富士上場事件は大蔵官僚徳田博美。
こういう国家ぐるみの談合を裁判で突破したのが、日弁連元会長宇都宮健児氏です。
サラ金から10兆円の金が過払いで国民に還付される。
もちろん途中で真珠宮事務所あたりが経費でとるが、
ともかく、高級官僚の武器が法律だから、最高裁大法廷判決で
その利権構造に風穴を開けた、宇都宮先生と仲間たち数名は凄い。
宇都宮先生の東京都知事選挙を妨害しているのが共産党の弁護士。
こういうところで、権力を楽しんでいる「反権力もどき」が明らかになる。
サラ金が苦境に立つと、都市銀行が困る。
プロミスあれば三井住友銀行が困る。
陣内組がきえると神内由美子が相続した金もきえるらしい。
少なくとも20億は及川にわたったと及川が言う。
それは及川だけのお話で嘘かもしれない。背後の大ウソを隠すため。

2 森友文書が書き換えられたと騒ぐ、それが背後の大嘘を捲ることになるといい、、
結局森友か、加計はどうした。
ア 書き換えられていたとして、安倍さんがやったのか。
麻生さんがやったのか。
イ その文書なるものが朝日新聞に「詩ね」といってわたされたのか「殺せ」
と言って渡されたのか。
朝日新聞は生き死にかけて、それを明らかにすべし。
取材元は秘密でとおるならこちらも都合がいい。
だが、情報リークが検察リークで会った時と、取材が検察だったが、秘匿しなかった
朝日とでは意味が違う。
ウ 朝日新聞報道の目的は何だ。
安倍内閣倒閣であるなら、倒閣の旗をまず挙げないと。
検察情報までリークして、財務省を利用して国家体制を動かす。
そういう有形悪意があるならそれが問題では。

3 安倍内閣は国会で真相追及を行い国民に判断を求めるべき
杉井プロジェクトは税金は安くして、その安くした分は報酬で巻き上げた。
相続税を安くしようとしたパチンコ業者は、北陸の景品交換業者。
北陸戦争で話をつけて、景品交換業者となった。
社長は東北大学卒。死にました。
税金はまかりました。その分は報酬で消えました。
結局、元大蔵官僚と手下の凌ぎでありました。

税理士、弁護士、司法書士、行政書士。
関東連合日本連合の配下は多い。

小泉政権が半年で政権を投げ出したのはなぜでしょう。

e38add45.jpg

これは在日朝鮮人が建てた日本の墓標です。

この記事へのコメント

  • 懐かしい

    北拓も経営陣の女性スキャンダルから
    興隆富士商というツールを通して中岡に3千億円溶かされた。
    型に嵌められたのに辻田頭取は逃げ切れず、
    北拓の取締役は銀行を引き換えに逃げ切ったのは興味深い
    2018年03月21日 08:43